FC2ブログ
2020
02.02

波浪を乗り越え、我らは進む

Category: 信心

「広宣流布も信心も同じだよ。ひとたび帆を上げたら、嵐がこようが、何があろうが、前進するしかないんだ」
(「新・人間革命」第8巻・布陣の章・62p)

 これは奄美大島に指導に向かわれる船上で、船酔いに苦しむ同行の幹部の方に、「港を出た以上、船から降りることはできない。前に向かって進むしかない」という意味で、先生がお話しされたものです。

 私たちはこの世に生を受け縁あって、「創価丸」の一員となりました。魔軍が待ち構えていようとはよもや夢にも思わずに・・・(笑)大海原に「一生成仏」という楽土を目指して航海に出たのです。池田先生を師匠・船長と仰ぎ、襲い来る波浪を団結で乗り越え広宣流布を目指していく・・・それが創価池田丸の大船団です。今や世界192か国から呼応して船が集まってきました。



IMG_4131q.jpg
                     ( 京都府・丹後半島)



  各地域にあっては、誰一人、下船することのないように、皆で励まし合っていかねばなりません。幹部や役職など関係なく、困っている人、苦しんでいる人に寄り添って、ともに最後まで旅を全うする・・・その意味で親や兄姉の思いで同志を慈しむのは当然です。

 最初は自分のことしか考えなかったような人間が、他者に愛情を注ぐようになる・・・これは大きな「人間革命」だと言えないでしょうか?私も自分の人間革命を問われれば、「人嫌いで自己中だった自分が、多くの人を尊敬し愛せるようになりました」と言いたいと思います。相手の欠点ではなく良い部分が見えるようになれば、どなたも自分より素晴らしい人材に思え、尊敬できるようになるものです。
 
 長年、私も研究しましたが、夫婦や家族は褒めて讃え合うようになる以外に、一家和楽の道はないことを発見しました。(笑)大発見です。あり余るお金を奥さんに持って帰れば夫婦円満かもしれませんが、お金が切れた時は悲惨です。そんなお金のない時も互いを尊敬し褒めあっていけば何とか楽しくやれます。心まで貧乏になることはありません。沢庵と白いご飯を出してくれるだけでも感謝できます。それに焼き鮭でもあれば「素晴らしい」と讃嘆できるではありませんか。

 まだまだ人の素晴らしさが見えないとすれば。そこに境涯革命が必要になってきます。心の眼、生命の眼が濁って、相手の悪いところしか見えない。その曇ったレンズを相手の良さが見えるまで磨かねばなりません。題目で磨いて仏の生命が開いてくれば、どの人の生命も素晴らしく見えるに違いありません。

 さて新年から気持ちも新たに「新・人間革命」を少しづつ研鑽始めました。組織では7巻を今やっていますので、私は予習の意味で8巻から再スタートです。「法華経の智慧」も並行して読みます。私はとても遅読で少し読んでは気になるところに線を引いたり書き込みもします。そこでしばらく立ち止まり、思案したりまた前に戻ったりといった調子ですので、1巻読むのにとても時間がかかってしまいます。30巻通しではいつ全部読めるやら・・・

 その代わりゆっくり読むことでいいこともあります。食事と一緒で、よく噛んで味わえるということです。
描かれている時や場所に自分がそこにいればどうするだろうかと考えます。登場人物の人間性や善悪なども深く洞察できます。描かれる事象から仏法を考え、吸収し、自分の血肉としていかねば、せっかく読むのにもったいないというものです。ザルの目から黄金をこぼすまいとの思いで学びたいと思います。

 記事冒頭に紹介しました一節も何気ない言葉ですが、多くの人が退転していったこれまでの歴史を振り返れば、とても意味深い言葉に思えます。悪知識にあって創価丸を見捨て退転した人の末路ほど哀れなものはない・・・それゆえ「誰一人としてこの道から落とすまいぞ」との信念と、仏法の因果の厳しさを知っておられるゆえの親心のような心情が、行間から伝わってくるのです。

 
 さあ「伝統の二月」がスタートしました。折伏と言えば難しい戦いのように思いがちですが、感謝と歓喜の生命をもって楽しくやりたいものです。私も歓喜の生命をもって渦巻く娑婆の大海に躍り出ます。そしてシャチの如く体を躍動させ、弘教に邁進していきたいと思います。






トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/321-70df9ece
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top