FC2ブログ
2020
05.19

光は闇に用なり

Category: 未分類

 世の中全体がまだまだ暗い状況にありますが、必ずいい方向に向かうことを確信しつつ、一歩一歩着実に前進していきたいものです。

 私自身は楽観主義ですので、今の状況にあっても未来に対しても明るい世界を描いて生きています。なぜなら私には妙法があります。これさえあれば万事大丈夫だと信じているからです。

 本当の正しい宗教、哲学というものは、どんな時代状況にあったとしても、また絶望的な局面を迎えても、悩める人に希望を与え続けるものでなければならないと思います。

 環境と個人とは、「依正不二」の原理にある通り、密接不可分なわけですが、だからと言って時代が暗いと自分まで暗くなるのではやり切れません。その暗い状況を打破するために自分自身が明るく輝いていく、また生命力と智慧を発揮して困難な状況に負けないで環境をも変えていく・・・そうありたいものです。



DSC00692q.jpg




 その意味で日蓮仏法の灯り(あかり)は闇の中でこそ輝くものです。昼間の晴天の下でライトをつけても何の役にも立ちませんが、人が迷う暗闇の中では灯りほどありがたいものはありません。闇のような逆境の時こそ輝いて世界を照らす・・・その灯りを持っているのが学会員です。信心が強ければ煌々と輝き、弱ければ江戸時代の行燈(あんどん)のようなものかもしれません。中にはパットついてすぐ消える線香花火のような人だったり(笑)・・・それではいけません。

 唐突ですが、皆さんは悩みはお好きでしょうか?たいていの人は嫌いなことと思います。できるだけ悩まないで楽しいことがたくさんある暮らしをしたい、好き好(この)んで悩みや労苦の中に飛び込む人はいないかもしれません。

 ところがこの信心は悩みがないと幸福になれないとなっています。「煩悩即菩提」ですので悩みが悟りに転じ、大悪が大善に変わり、毒が変じて薬となります。まさに「変革」「転換」の宗教です。そして救いようのないひどい人間がまっとうで立派な幸福者になるのが「人間革命」です。その意味で私など誰よりも変革の条件を備えていると自負しています。最初はひどくていいのです。

 「願兼於業」といって、そのままで幸福なのに、あえて重い悪業を背負ってまで生まれるというのですから、これは本物ではありませんか。念仏などは、鼻から逃げることばかりを考えているのですから、所詮法力が違うというものです。

 だから信心するなら大いに悩めばいい。悩みには自分でもわからない深い意味があります。私も「どうして自分はこんなにうまくいかないのだ?いつまで苦しめばいいのだ?」と、長い間、悩み続ける日々を暮らしてきました。その業を恨めしく思ったものですが、ある時からは「これは案外、すごいことになるかもしれないぞ」「最高に幸福になるために大いに悩むようにできているのだ」と思えるようになりました。そこから悩みを楽しむ楽観主義の世界が開けたのです。

 信心があって悩みが深い人は、その意味で幸福になる条件を備えている人だと私は思います。だから悩み多き人に言いたい。「あなたこそ仏様から選ばれて成仏を約束された人です。うつむかないで胸を張ってください!」と。

 「あえて悩みの姿で生まれて「人間革命」して見せるのです。劇です。ドラマみたいなものです。」(青春対話第2巻)と池田先生は言われています。

 20年30年不幸を演じ、最後は大逆転で誰よりも幸福になるどんでん返しのドラマです。ですからすべてを御本尊様にお任せして、悩みに振り回されず、水の流れる如くに信心に励んでいけばいい。「最後は信心しきった者が勝つ!」と言われているのですから、その言葉を信じて「矢でも鉄砲でもかかってこい」との心境でやり切ってみようではありませんか!





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/327-78e2d424
トラックバック
コメント
はなこ様

こんにちは

大丈夫!みんな仏の生命です。
そして誰だって悪い心もいい心もあります。
悪い心、弱い心に勝つための信心です。

本当にこういう人になりたいと決意していくことだと思います。
いい心で生きていこうと私も毎日決意してやっています。
王者の剣dot 2020.05.22 03:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top