FC2ブログ
2020
05.28

「冥益」の功徳を楽しみに

Category: 信心


 全国的にも「緊急事態宣言」が解除され、ウイルス問題も一山超えたかのようですが、第二派も予想される中、油断は禁物ですね。まだまだ自粛の心も持ちながらあ安全に留意して生活したいと思います。

 そんなコロナ問題の最中、私も題目をあげていて生命がまた一歩、変革していく功徳を感じています。そしてそれが家庭や仕事に現証となって現れてきました。



QUBV4620.jpg
                       <今年も無事に田植えが終わりました>



 プライベートなことで詳しくは書きませんが、家庭内が以前に比べ円満になってきました。なってきたということは以前はそうでなかったわけで、夫婦や嫁姑、親子関係など、時には口喧嘩やギクシャクすることも良くあったのです。

 それが変わってきた一つの理由として、私が家内を立派だと思い、感謝できるようになったことがあります。家庭は一番身近で気を使わない人間関係なので、感謝というようなことは普段あまり感じない、ご飯作るのも洗濯するのも当たり前のことです。それが家事から仕事からよくやってくれていることに、心からありがたいと思う気持ちが出てきたのです。それが相手に通じるのか自然と会話も増え、相手も私に対しとげとげしさが無くなってきたように思います。

 嫁姑ということも、家内がよく私の母の面倒を見てくれるようになりました。普段は「私、お母さんのこと好きになれんわ」と距離を置いていましたが、先日、母が転倒してから、お風呂やトイレ、食事などあれこれよく世話をしてくれます。「よくやってくれるので感謝してる」と言いますと、「家族やから弱った時はみんなで助けるのは当たり前や」と言います。そんな言葉を聞きますと、家内もすごく変わってきたんだと思います。

 また下の娘がコロナで休校中ということもあり、夜は親子3人で勤行をするようになりました。「ほかのクラスの子は学会なんかしてないのに、どうして私だけ拝まんとあかんの?」とよく文句を言ってましたので無理にはさせませんでしたが、ここにきて素直に勤行するのです。娘の信心はずっと祈ってきたことでもありますので、まだお付き合い程度ですが少しは道が開けた思いです。

 さらに仕事の面でも新しい仕事の話が進んでおり、今年中に受けるかどうか答えを出すことになっています。厳しい仕事ではありますが、受ければ地域にも貢献できるいい仕事です。

 そういういくつかの現証を見ていますと、根本は私自身の生命が変革したことから、環境が変わってきたことを実感します。周りの環境が変わるから幸せではなく、自分が変わることによって幸せが湧現(ゆげん)してくることを感じるのです。

 家庭や職場において愚癡や不満がたくさんあるのが凡夫の現実です。しかし、それから逃げたり、相手を責めたりするのではなく、自分が変わることによって環境を変えていく。要領ではなく地道に信心しながら悩みを乗り越え、境涯を開いていくのが正道だと思います。


 信心は変わること、「人間革命」すること、幸福になることが目的であり、お題目はそのための手段です。現実生活の中で新しい自分の眼が開くこと、「何か変わってきたな」と新しい発見があること・・・そういった変革の現証を知り確信をつかんでいく人は、悩みがあっても決して行き詰まることはないに違いありません。

 「冥益」(みょうやく)と説かれる信心の功徳は、「顕益」(けんやく)と違い、パッと魔法のように現れはしません。日々の精進においても薄紙をはぐように、木々の成長が目に見えぬとも、10年、20年たてばその成長を見るように、じわりじわりと年月をかけて変革していくものです。

 たとえ苦難の道に遭遇しても、そうした冥益の功徳を楽しみに、粘り強く最後の人間勝利を目指して朗らかに今日も歩いていきたいと思います。





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/328-0029acd2
トラックバック
コメント
sakurasaku様

コメントをありがとうございます。
また拙いブログをいつも読んでくださり感謝申し上げます。

sakurasakuさんの信心も素晴らしいと思い読ませていただきました。
お仕事で苦しまれたとのこと、きっといっぱいいっぱいだたことでしょう。
苦しんだということが、十分、真心を尽くされたということだと思います。

私の家内の職場も10人入ってきて残るのは一人二人と言う女性だけの凄まじい職場でした。
いじめと派閥のような人間関係で苦しみ、ストレスもあってガンも発症しました。
いい人が去って、いじめた人が残る・・・矛盾に満ちていますがそれが現実です。

しかし過去はもうない、未来はまだない・・・実在するのはこの瞬間だけです。
終わったことを後悔するより、まだ見ぬ未来を不安に思うより、今を大事に
題目根本で挑戦されるなら必ず道は開けます。

公明党のある女性の国会議員の方から伺った体験です。
ある時、100万遍題目をあげきって臨まれた選挙でしたが健闘虚しく落選されたのです。
責任を果たせず、非常に落胆の思いで池田先生にお手紙でご報告されました。
すると先生からは「100万遍で負けたならもう100万遍上げなさい」とご返事をいただかれたそうです。
悔しい思いでそれから発心・・・次の選挙で見事、復活を果たされました。

敗北にも深い意味があります。だから決して腐らず「何のこれしき、倒れてなるか!」と
負けじ魂でもう一度立ち上がればいいのです。
今、その心で立ち上がる自分がいるなら、必ず最後は勝利されます。

しばらくは苦しい日々が続くとありますが、降りやまない雨はないように必ず晴れる日がきます。
自分を仏と信じてください。日蓮大聖人と同じ「南無妙法蓮華経」の生命だと信じるのです。
自分を信じられれば焦らなくても大丈夫です。

どうか朗らかに題目根本にともどもに進んでまいりましょう!


王者の剣dot 2020.06.02 16:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top