広布の大河に君ありて tori

TOP未分類 ≫ 祈りと確信

祈りと確信

 私のつたない信仰ですが、これまで数々のことを感じ、学ばせてもらいました。その一つに、「決意と確信なき祈りは叶わない」ということがあります。「祈りとして叶わざるはなし」との信心をしていながら、祈りが思うように叶わないということを私もそれなりに経験しました。

 その原因がどこにあるか?これは私の体験で言うお話ですが、自分自身に「絶対にそうなる」「そのことを成就してみせる」という、迷いなき強い決意があるかどうかで、祈りの叶う、叶わないが決まってしまうということです。

 ある人を折伏する。その人の入会を祈っていくとき、必ずこの人を入会させるという確信、決意があるか、自分に聞いてみるのです。「むずかしいかな・・」と言葉を濁すようであるなら、こちらの決意はまだ弱い、その祈りは水の上で火をたくようなものであり、いつまでも叶わないのです。

 もちろんその決意が、本物になるには時間がかかると思います。特に不可能と思われることに挑戦する時は、決意してもまた崩され、また決意していくという繰り返しかもしれません。けれど、そのたびに挑戦し、信心を根本に祈っていくなら、その使命がある時、必ず自分の中で、祈りが叶うという強き確信が五体に漲ってくるのです。

 その確信が自身の体に漲る時、依正不二の法理から、絶対に結果が出ていきます。不可能が可能となる力が不思議と身の周りに現れだすのです。


中区夕焼け2


 信仰されていても、医者も見放したような病気で、苦しまれている方もおられることと思います。しかし病気は絶対に治る、妙法に不可能はないと確信することが大事だと思います。「いかなる病さわりをなすべきや・・」と大聖人様が御断言なされておられます。医者の言葉と日蓮大聖人様のお言葉と、どちらを信じるのか?私なら仏様のお言葉を信じて生きていくと思います。(40代の初めに私自身も病を体験し、大きな手術をしましたが、無事に生還しました。)

 よく病気の悩みで指導を受けられた方に、池田先生は、「あなたは病気なんかではありません!」とピシっと言われています。これは病魔に負けて、心まで病人になっている、その弱き心を、打ち破らんとする先生のお心ではないかと思うのです。

 「絶対にこの病に勝って見せる!勝つに決まっている、私は健康なんだ。」と大確信を持つことが何よりの薬です。そして健康でいきいきしている自分をいつも心に描く・・・死んで葬式を出してる姿などイメージしてはいけない。先生も「人生は強気で行け」と常々おっしゃっておられます。大確信ある信心に病魔は驚いて、あなたの体の中から出ていかなくてはならなくなるのです。

 題目をあげぬくということは、不幸を打ち破る決意と確信で、体中をいっぱいに満たしていくことではないでしょうか?
 そして自身が確信の塊(かたまり)のようになった時、その祈りは必ず叶っていくのです。

 仏の力を表わす言葉に「如意宝珠」とあります。心で決意したことが意のままに成就していくという意味です。それが妙法の偉大な力です。それゆえ、「心こそ大切なり」と仰せだと思います。自分がこうなると決めれば、広宣流布のためです。必ずそうなっていくに決まっています。同じ信心をするなら、まずは絶対、健康になる、幸福になると決めてかかりたいものです。

妙楽大師のたまわく「必ず心の固きに仮りて神の守り則ち強し」(乙御前御消息、1220P)
「叶ひ叶はぬは御信心により候べし・・」(日厳尼御前御返事1262P)との御文もあります。すべてはこちらの確信ある一念、信心で決まります。
肝心の自分がぶれていては、いつまでも状況を打破できない。そのことをいくつかの体験を通して私は学ばせていただきました。

 悩みを抱えている人に対していつも私は「本当のあなたは病気なんかじゃない、貧乏なんかじゃない、一人ぼっちでもない、立派な地涌の菩薩です、すごい仏なのです」と励ましてあげたい気持ちでいっぱいです。

 さあ、今日も明るく、信心への大確信を奮い起こして、池田先生とともに広布と人間革命の坂を一歩、また一歩と登攀していこうではありませんか!


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

編集
祈りと確信読ませていただきました。読み終わって頭によぎったのはハワイで出会った青年のことでした。学生時代春休みにハワイで3ヶ月間パワーリフテイングトレーニングしていました。その頃はロッキーのボクシング映画が大ヒットしてウオークマンでテーマ曲を聞きながらワイキキの浜を走っていました。
先生がいらっしゃることでミ二文化祭の準備の手伝いをしていたときに青年に会いました。その青年はいいました。「題目をあげ折伏すれば幸せになるんだよね」と。私はその一言は強烈に胸に刺さりました。
設備のととなった会館、大勢の幹部がそろい、恵まれた環境にいる日本と比べると、その当時のハワイは見劣りしました。
恐らく、その当時は英訳御書はなかったと思います。
「題目をあげ折伏すれば幸せになる」これだけを覚え実践している姿と王者の剣さんの言葉が重なりました。
どんなに教学があっても実践しなければ意味がない、実践していても信力がなければ仏力法力が現れないですね。
信心の極意を教えてもらいました。
その功徳でしょうか。念願であった先生と勤行する夢がハワイで叶い、インドネシアで行われたアジアパワーリフテング大会で銀メダルいただきました。
2013年09月29日(Sun) 18:19
うるとらまんさんへ
編集
 コメントありがとうございます。素晴らしい金の思い出ですね。一つ一つの信心の実践や体験が、生命を黄金色に染めていきます。私も御本尊様への大確信で、この体をいっぱいに満たせるよう、精進していきます。思わず、うるとらまんさんのりっぱ?な体が、ロッキーの姿とダブってしまいました。(笑)
2013年09月30日(Mon) 10:38
編集
はじめまして、こんばんは(^^)
力強い言葉に、
生命が揺さぶられました。
まだまだ、私の祈りが弱いって
思い知らされました(^^;)
強き(強気)確信と祈りですね(^^)
確信の塊になるまで、
お題目をあげきりますね。
ありがとうございます(^^)

2013年10月03日(Thu) 20:39
編集
コメントありがとうございます。私もある目標に向かって祈っています。自身の一念の弱さをいつも叱咤しながら・・・妙法で我が生命を染め抜く思いで・・・結局、自分に勝つか負けるかどちらかしかないですし、やる以上は絶対、勝ちたいですね!最後は執念と、妙法に対する大確信の題目しかないと思います。
2013年10月03日(Thu) 23:52
やっと出会えた!
編集
現在 本当に窮地に追いやられ、今こそ真剣な信心を起こさねばならない時なんだと もがき苦しみ、貪るように学会の指導を探してました。
よし!やってのけよう!と益々 生命力を燃やして祈りきって実証を示していきます。
2013年10月22日(Tue) 19:40
Re: やっと出会えた!
編集
蓮の花様
コメントありがとうございます。御本尊様は絶対です。池田先生と心を不二にして
乗り越えられない壁などありません。
種をまいてすぐには実らなくても必ず、最後は勝ちます。
お互いに信力、行力を奮いおこして、仏力、法力を出だして行きたいものです。
2013年10月24日(Thu) 09:11
ありがとうございます
編集
私は今、宿命転換の真っ最中です。
苦しい状況からお題目を必死であげ、絶対に祈りを叶えてみせると強い一念で祈っていく中で、自分の命が変わっているのを実感している日々です。でも、まだまだ悩みに押しつぶされそうになる自分があることも事実です。その度に、いろいろな指導を読んで新たに奮起しています。このサイトは、その奮起となっている1つであります。いいサイトに出会えてよかったです。
絶対に幸せになってみせるとの一念で、今日よりまた頑張っていきます。ありがとうございます(^ ^)
2013年12月29日(Sun) 15:07
Re: ありがとうございます
編集
まめちゃん様

コメントありがとうございます。返信が遅くなり申し訳けありません。
12月に入り、仕事が多忙となりしばらく記事の更新が滞っています。
年明けからまた機会を見て更新できればと思いますが、その余裕がない日々が続いています。
特に新年から決意して私もお題目に挑戦しています。もう一歩、さらにもう一歩と
壁を破る戦いに挑戦しています。ともにがんばりましょう!
今後ともよろしくお願いいたします。アドレスありがとうございます。
2014年01月01日(Wed) 20:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30