FC2ブログ
2020
07.29

運命の人との出会い

Category: 徒然の記


 コロナがいつまでもこの国を苦しめています。安倍さんにも小池都知事の声にもどこか覇気が感じられない。政治は人々を勇気づける声を持たねばならない、しっかりとリーダーシップを発揮してもらいたいものです。

 今日は少し私の思い出話をします。

 私は信心して間もなく、というよりすぐにといっていいかもしれません..信心の本当の功徳とは「一生成仏」であることを知りました。
20代後半の入会ですが、その頃はお金も欲しければいい仕事にもつきたい、できれば結婚して家庭も持ちたいと、人並みにそんなことは思っていたと思います。しかし、心の底では、何か生きる上での確かなもの、自信をもってこれだと言えるもの・・・今なら哲学というのかもしれませんが、力強い何かを求めてもがいていたのも事実です。




IMG_1292a.jpg




 そんな時に、友人が先に入会し、私は彼から折伏を受けました。そしてその彼の案内で私の一生を決定づけるある初老の方との衝撃的な出会いに遭遇したのです。もうかれこれ40年近くも前のお話です。

 ある夜、その友人の誘いで、八王子だったか福生だったか、学生のアパートのようなところに連れていかれました。部屋にはその方と数人の学生らしき青年が談笑していたように思います。その部屋の隅のソファにその方は座っておられました。

 たぶん紹介されたと思うのですが、私はその人と目が合った瞬間、まるで電流でも走るような不思議な感覚に襲われました。とにかく熱いというか、輝いているというか、その方から出ているオーラが半端ではなかったのです。

 私はその生命力というか存在感に圧倒され、「まるで頭から湯気が立ち昇っている」「この人はとんでもない何かを知っている」とそれこそこちらの心臓がバクバクいうぐらいの衝撃を受けました。と、同時に不思議にある懐かしさ、温かさをも感じたのでした。一言二言、何かを聞かれたように思いますが、圧倒されて何を話したか今では覚えていません。

 まあ、人との出会いでこれほど驚いたことはありません。その方は私の顔をまじまじご覧になったのですが、私はその眼光の鋭さに目を合わせることができませんでした。自分の善悪すべてを見通されていると感じて震えたのは、後にも先にもあれが最初で最後です。

 それから数年にわたり、その方がお亡くなりになるまでお付き合いがあったのですが、組織とは別に学生のアパートで、その方を囲んで週末には集まるというふうでした。その時のお話は長くなりますので書きませんが、とにかくその方と出会わなければ、今の私はなかったと思います。もちろんここまで信心を続けていたかもわかりません。

そういう意味ではこの人生で誰と出会うか・・・それは大きな大きな意味を持っているものです。

「題目を良く上げるんだな」
「池田先生についていきな」
「あんたが自分に勝つならすごいことになるよ」等々・・・口数は少ない人でしたが、一言一言に重みがありました。

 そしてここぞという時に生命に楔を打ってもらいました。たくさんの言葉が私の生命に刺さって、今なお信心が危ない時に詠みがえってきます。そして不思議なことにその時言われたことが、「このことだったのか」「あの時、言われた通りだわ」と空恐ろしいぐらいに当たっているのです。

 私自身はその方が生きながらに「一生成仏」を果たされていたことを確信しています。入会は40代後半と遅かったとお聞きしましたが、毎日、3時間のお題目を数年、個人折伏も100世帯を超えておられました。「15年もやって確信がつかめないようじゃ駄目だ」とも言われていました。

 その方のおかげで私は自分が仏だということを深く信じてやってくることができました。またその人に会えたことが初心の功徳でしたし、振り返れば今までで一番大きな功徳だったと思います。なぜならそのおかげで、さまよえる子羊同然の私が、広宣流布と一生成仏の世界に生きるようになれたのですから。

 今、私も溌剌と歓喜の生命で生きる身となり、この道を進めばすべて大丈夫という確信で生きることができます。その意味でその方への感謝の思いが尽きることはありません。

 その方が旅立たれてもう30数年たつのですが、毎日お顔を思い出さない日はありません。この方とは来世もきっとお会いすることになるでしょう。それほど私にとって縁の強い人だと思います。今度はちゃんと目を合わせられるように、こちらも負けない仏の眼光を備える身となって「お久しぶりです。前世ではお世話になりました。その後、お元気でしたか?」と笑って声をおかけしたいと思います。





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/333-adc8725e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top