2013
10.30

感謝と歓喜の信心

Category: 信心
 「進まざるは退転なり」という言葉があります。信心をしていて変わらない自分であれば、それは惰性の信心か、退転の信心になっているということになります。大変厳しい指導ですが「信心はどこまでも自分が変革していかなければいけない・・お題目をあげることは目的ではなく、自分が変わること(人間革命)が目的なわけですから、100万遍題目をあげても、私は変わりました!といえなければ、本人には功徳があったかどうかわからないのではと思います。


 感謝と歓喜の心が弱いと信心は弾んでいきませんね。歓喜があれば生命が空気がいっぱい入ったボールのように、軽やかにポンポンはねていく・・空気は感謝と歓喜のお題目でしょうか?。そして愚痴や文句は針でボールをブスブスつっついているようなものといえます。感謝と歓喜の心はおのずとその人を輝かせますし、その心が出ない信心は錆びついたギアを回すようにどこかしんどいものです。それが顔や振舞に全部現れてきます。

 そんなわけで、今、私は御本尊様に歓喜と感謝の題目をあげて生きています。「罰をたくさん出していただいてありがとうございます。一段ときれいな命になりました。福運の尽きた私を教えていただいてありがとうございます。でも信心があるので大丈夫です。」と言えるようになりました。。見るもの、聞くもの、楽しくなってくる、時につらいこともあるけど、生命の奥が安心して笑っている・・・そんな風に変わってきたのです。



IMG_4460q.jpg




 でもそこに来るまでは、本当に罰の連続でしたので、世間でいう目に見える功徳はほとんど感じないでやってきました。頭破七分の悩乱あり、10年にわたる首や肩の神経痛、腎臓癌との戦い、金欠病、そのほか学会活動の休止、自身の悪癖等々いっぱい出ました。本当に人様に言えないほど、汚れたヘドロが轟々と生命から噴き出たのです。お題目さえ、頭が痛くてあげられなかったほどですから。だから、歓喜というよりは苦しげな信心が20年以上は続いたでしょうか?我ながらよく退転しないで踏ん張ったと思います。罰の数では負けないぐらい出ました。おかげで「罰即功徳」ということは身で読ませていただきましたので、それについては体験発表できると思います。(笑)

 
 戸田先生のご指導に「初心の功徳の後は、谷に下りるように魔王の試練がやってくる。たいていのものはこれに負けてしまう」とあります。私はこの言葉に救われました。
そのご指導によって、身から出る罰を魔王の試練といつも受け止めることができたのです。


 今は御本尊様がありがたい・・・今までは紙に印刷した文字だったのが、我が家に日蓮大聖人様がいらっしゃると思えるようになる・・朝晩、大聖人様にお目通りできるのですから歓喜が湧きます。何が来ても大丈夫、我が家には御本尊がある、と・・・自信に満ちてくるのです。

 この信心は宇宙大と説かれます。こちらの浅智慧でとても考えが及ぶようなものではありません。
今日は勤行しなかったから罰が出ないかしら?・・・などというそんなせこい(笑)仏様はいませんよね。それはこちらの心が小さいだけです。宇宙とまでいかなくともせめて日本一の~になる」ぐらいの気持ちを持って信心したいものです。


 御本尊に身を任せて、ただ信行学に専念していけば、どの人も自然に仏界に至ると断言されておられます。
  本来、自分が仏なのですから、いつか死んでもまた幸福の世界に入って、おぎゃあと出てくる、この人生で信心をやり抜けば、絶対、幸福に生まれついてくる。「ありがとうございます。私ほど幸福者はいません、うれしいなあ」と決めて感謝感謝で南無南無していけばOKです。

 そしてその先に未来永遠の幸福が私達には待っている。
そう確信できれば、心配がない・・・仏様もありがたければ、池田先生もありがたい・・・来世はどんな人生がいいかな?なんて想像するのも楽しくなります。顔の色つやから、振る舞いまで、力に満ちて輝いていきます。

 怨嫉したり、いがみ合っているのは、結局、自分が仏だということをすっかり忘れて、歓喜の信心を見失っているのかもしれませんね。

 さて11.18総本部完成のこの秋こそ、新時代到来の幕開けです。皆さんと一緒にお祝いし、我が生命の宝塔もご覧の通りですと報告できるよう、共に信心一途で日々、勝負を決していこうではありませんか?



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/37-bf3ef3e6
トラックバック
コメント
こんばんは。
先日コメントさせて頂きましたやまさんと申します。

素晴らしい境涯ですね。
今の自分は、お題目を上げていれば御本尊様が何とかしてくれる、何とかなるみたいな甘えた考えです。
そうではないことは頭では分かっているつもり、先生のご指導を読んでもわかっているつもり、命の根本が本気になれていないように感じています。
そんなに余裕のある状態ではないはずなのに・・・。
本気になれない心の弱さを克服して、一日も早く確証を得たいなと思っています。
やまさんdot 2013.10.31 19:09 | 編集
やまさん、私も同じです。決して立派な信心でもないし、周りにはもっと頑張っておられる方も多いです。ただ、あまりいいことがなくても30年腐らずにやってきました。悩んで、苦しんでそれでも仏を求めて・・・自分があまりにひどかったので、御本尊様を信じるしかなかったのです。でもすべてはこれから・・・毎日が入信です。共に楽しく頑張って行きましょう!
王者の剣dot 2013.11.01 00:35 | 編集
感謝と歓喜の信心大事ですね。怨しつはダメですね。
最近は幹部への怒り心頭です。座談会の日程を教えてくれない、会合の中止を教えない。幹部だけわかり会員には一切伝えたない。勇んで会合言ったら私一人。次回からはちゃんと伝えて欲しいと言っても(ハイハイ}の返事だけで謝罪なし。こんなこと続くこと9年間。ブチギレですこし怒鳴りました。こんなことぐらいで信心がおかしくなったら損ですね。           今は幹部に一人が大事とはどういうことかを指導しようと思います。おかげで晴れ晴れと信心ができます。感謝!
うるとらまんdot 2013.11.01 05:01 | 編集
Re: タイトルなし

うるとらまんさん、それはひどい幹部ですね。そういう幹部なら周りから苦情が多いと思いますし、上が注意なり、善処すると思いますが・・・全体が見て見ぬふりですかね?いい加減な人は最後は御本尊様からお叱りがありますよ。連絡がきっちりできないなんて幹部失格です。

 たとえ相手が間違っていても怨嫉は駄目ですね。こちらが損をします。とはいえ私もよく出ました。(笑)でも本人に言う分には意見ですから怨嫉にはならない・・誰かが言うべき時が必要だと思います。

 それと信心に役職はまったく関係ないですね。御本尊様から見て強信の人が一番偉いのであって、人の目で偉さが決まる世界ではないはずです。。役職や社会的な肩書を抜いてどれだけの人間か・・みんなそこで勘違いしてしてることが多い気がします。
王者の剣dot 2013.11.01 11:41 | 編集
私も紆余曲折しましたが(^^;)
ようやく歓喜と感謝の
お題目ががわかるように
なってきました。
人じゃない自分だってことも。
ようやくです(^^;)
お題目を唱えられること
それ自体が、
幸せなんだってこと。
その素晴らしさを、
まだほんの入り口でしか
わからないのかもしれませんが。
これからもブログ
楽しみにしております(^^)
えむ=moguovskydot 2013.11.02 11:12 | 編集
えむ様、コメントありがとうございます。妙法は不思議ですね。信心も生きることも、辛かったり嫌だったりしましたが、御本尊様は私をじっと見ていてくださった。紆余曲折・・・きっと道草にも意味があります。私もようやくです。短気な私ですがこの30年、辛抱することを教えていただきました。これからもよろしく・・・
王者の剣dot 2013.11.02 13:43 | 編集
いつもブログを拝見しては
自分自身の信心の姿勢を反省しています。
感謝と歓喜にあふれたお題目を唱えたい
どうすればそんなお題目があがるのでしょうか?
日々挑戦のまだまだ弱っちょろい弟子です
今日お題目をあげていたら
苦しくて辛くて でもその後に少しだけ
色々あるけど でもこうやってお題目をあげている
こんなありがたい事はない!
こんな自分でも 乗り越えられない祈りはない!
なんだか少しそんな風に思えました。
王者の剣さん
ありがとう! そして何より先生ありがとうごさいます。
また頑張りまーす(^ ^)
花水木dot 2017.02.11 22:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top