広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ お題目の信者

お題目の信者

 今年は久しぶりにお正月ゆっくりとした時間がとれました。テレビもさほど見たいものはなし・・・行き詰っている悩みもあり、また地域の広布後継の道を開きたい思いなど、様々あって、じっくり題目をあげたいと思っていました。男子部の子と二人で唱題会を計画しましたが、友人来訪ということで、結局一人になりました。元日、新年勤行会が終わって、午後から始めたのですが、3時間ほどの予定が調子が出て5時間になりました。

 2日目は早朝からあげましたが、この日はどうにも調子が上がらず、頭もすっきりしないので、結局夕方5時間で止まってしまいました。あげてもあげてもすっきりしないこともあります。そんな時は無理をしないのがいいですね。一人でコタツで熱燗を一杯いただいて早めに休みました。(笑)

 3日目はまた調子が戻り、4時間ほどでしたが、心がすっきりと一山超えたような気分で軽やかに上がりました。

 こんな按配で5日間で20時間超あげたのですが、本当にお題目の信者になれたことに感謝しています。もちろんあげるのがつらい時もありますが、それでも以前の私に比べれば、よくお題目が上がりますので感謝というほかありません。

 この唱題行を水の流れる如く、来る日も来る日も続けていけばいいのだとの思いです。それが「何の兵法より法華経の兵法」でしょうか?

 私にも入信したての頃、大変尊敬する信心の先輩がおられ、私はその方に信心を教えていただきました。その方は自営業ということもあって、何年間も毎日、3時間、4時間のお題目をあげたと言われていました。
「30分の唱題なんか一息であがった」とか、「折伏から帰って来たらお仏壇の扉があいてないのに御本尊様が浮かんで長いこと唱題をしていた」とか「何かあれば蝋燭1本拝んだものだ」など面白いお話をいくつも聞きました。私も中ぐらいの蝋燭で唱題してみましたが、とても蝋燭1本はできないものです。(笑)

 もうお亡くなりになられて20数年にもなりますが、昨日のことのように思い出します。私にも「お題目をよくあげるんだよ」「君が自分に勝てるようになったらすごい人になれるよ」と呵呵大笑されておられました。



sannan4.jpg



 入信して30年ほどはどちらかというと苦しいと思う唱題行が多かったですが、ここにきてようやく、下り坂を駈けていくような軽やかで力強いお題目に変わってきました。まさに「是好良薬・・・ 色香美味」です。(長行もしばらくやらないと忘れてしまいますね)

 御書には「夫れ人身をうくる事はまれなるなり、已にまれなる人身をうけたり又あひがたきは仏法・是も又あへり、 同じ仏法の中にも法華経の題目にあひたてまつる結句題目の行者となれり」(寂日坊御書)とあります。
行者とはまだ行きませんので、お題目の信者です。

 「自分には力強く上がる唱題行がある」こう思えるだけで、どんな苦難も乗り越えて行けるとの思いです。

 御本尊様を抱きしめて唱題行に励み、広宣流布に生きて行く姿はそれ自体が仏の生命の顕現です。いつまでも悲観的だったり、ピーピーしているはずはありません。(笑)
年を重ねながらも、颯爽と希望にあふれ生きて行く青年へと逆にUターンしていくのです。

 今、私は大きな悩みを抱えていますが、題目だけで(もちろん活動はしますが)乗り切る決意です。どんな結果が出るか仏にまかせてやってみようと思っています。私なりの実験証明です。

 広布大誓堂が完成し、広布新時代が開幕したこの年に、自分がお題目をあげぬこうと思っていることに、私なりの「時」を感じています。

 地区でも支部でも題目、一人になってもお題目と、あれこれ言わず(笑)今年はこれ一本でやっていきます。

心ある同志の皆様とスクラムを組んで、学会正義の声も高らかに前進してまいります。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

編集
おはようございます
信者?って、つっこもうと思ったら、あとの方に、信者と行者が載ってましたね(笑)
でもすごいなー
5日で20時間
私は、今のところ、28000遍です
1日1時間っていうところでしょうか?
さあ 今日からがんばろうと、思わせてくれて、ありがとうございます
2014年01月10日(Fri) 08:15
Re: タイトルなし
編集
ちよ様

本当ですね。まだ名前がしっくりなじまないんです。でも3月までにはいかせていただけるということで身が引き締まります。今から訂正します。ありがとうございました。
2014年01月10日(Fri) 09:07
Re: タイトルなし
編集
ちよ様

私も一日30分の日もありますよ。でもお題目が生命線であることは事実ですね。無理にがんばろうとしなくても心が自然と唱題に向かって行きます。題目が強いと活力がぐんぐん湧いてきます。だからブイブイ、生命が躍動するのです。「さあこい!何が来ても負けないぞ」ってね。
2014年01月10日(Fri) 09:19












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30