広布の大河に君ありて tori

TOP徒然の記 ≫ 小さな勝利から

小さな勝利から

 今日は少し寒さも和らいで日中は暖かな陽が降り注いでいました。きっとそこかしこの土の中では虫や植物たちも地上に出でゆく準備をしていたことでしょう。

 春はいいですね。秋もいいけどやっぱり春は希望の匂いがします。 「希望・・・」ほんといい言葉です。希望があれば人は生きて行けます。もちろんお金も健康もいりますが・・・(笑) 猪木さんは「元気があれば何でもできる!」でしたが、私なら「希望があれば・・・」と言いたいところです。 心の栄養はやはり希望ではないでしょうか?もし人にプレゼントできるなら、希望を贈りたい・・・というわけで、お題目に乗せてこのブログを読んでくださる皆様にも希望が届けられるよう頑張ります。

 今、私には毎日、何十回となく呟く言葉があります。それは「自分に負けるな、自分に勝て!」という言葉です。単純ですがこれこそ勝利のキーワードではないかと思います。それは己の胸中を制覇できないものに勝利はないと思うからです。「心の師とはなるとも心を師とせざれ」とのご金言と重なるかもしれませんが、まさに「汝の敵は汝自身の心の中にあり」です。

 人体は免疫細胞が侵入する悪いウイルスなどと始終戦っているということですが、心も一瞬一瞬、己心の魔と戦っているといっても過言ではありません。


 何かあるたび、私も弱い自分がにょきにょき顔を出します。それに打ち勝つことができることもあれば、逃げてしまいたい時もある。寒くて暗い冬の朝、私は配達のために起きだしますが、毎日、目が覚めた時からもう戦いです。今朝も疲れが残っている・・・もう少し休んでいたい・・そこで呟くのです。「自分に負けるな、自分に勝て!」と・・・池田先生のお顔が浮かびます。師はきっと見ておられる。「よし、起きるぞ!今日も戦闘開始だ」そうやって毎朝、その繰り返しで8年間走ってきました。

 そして無事に配達が終わると「先生、行ってまいりました。ありがとうございます」と心でお伝えします。その小さな勝利を毎日報告しながら戦って行くのが私のささやかな日課です。特別な脚光を浴びるような勝利は私にはありません。一時間題目をあげぬいた時、仏法対話から帰った時、「先生また一つ自分に勝ちました」とその小さな勝利を報告していくのです。


005_R.jpg



 人間は死ぬ時に「私は戦い抜いた。自分に負けなかったよ」と言えることが結局、勝利の人生ということだと思います。「人でもない、時代でも環境でもない・・・弱い自分に負けないこと」その日々の積み重ねが自分の勝利の軌道になっていくはずです。人が見ていなくても、地味な一日であっても、陰でその戦いをこつこつと勝利していく人は、必ずいつか陽報の花開く時が来ると思います。平凡であってもそういう生き方が、人としてりっぱな人生になるんだと今はつくづく思うようになりました。またそういう生き方をされている方が私は大好きになりました。

 「闘争心のない人に福運はつかない」と先生はご指導されています。私たちは宿命という名の戦場を一人一人が持って生まれてきました。宿命がでたということは、「いよいよそこで戦いなさい、今がその時ですよ」という仏様の合図です。乗り越える力があなたにあるから出たのです。決して焦らず、目の前の小さな目標を一つ一つ勝利していく。魔法も夢のような解決策もありません。私なら朝の配達、一時間の唱題、夜の活動、また唱題・・・と「今日も負けなかった、勝ったよ。」とそうした陰徳の日々の繰り返しに、いつしか宿命の壁は破れゆくものと信じて挑戦しています。

 今、つらき宿命と闘っている人に、「大丈夫ですよ。どうか自分に負けないで、応援していますよ」そんな言葉とともに、「希望の春風よ、届け!」と念じています。

 春は一度にやっては来ません。じわりじわり、寒い日、暖かい日を繰り返しながら、雪解けの水嵩を少しづつ増しながら、それでも必ずあなたの元にやってくるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村




Comment

編集
今日は2件新しいブログがありました。毎回楽しみにしています。また、私も写真ファンです。太陽とか空がきれいに写っていて、どうやって撮ったのか凄く興味を抱いていました。私も暮れに一眼レフを頂きまして撮っています。
なので凄く綺麗と思ってましたが、聞くに聞けずでした。
それにしても、よくこれだけの言葉が出てくるとは本当に頑張っておらっしゃるのですね。
私はまだまだ駆け出しです。でも変わったことは勇気が出るようになりました。友人に話が出来るようになりました。学会理解はこれからですが、折伏に力を注いで頑張ります。
題目ってすごいと実感し確信しています。
とにかくこのブログで力を貰ってるのは確かです。これからもよろしくお願い致します。
2014年02月01日(Sat) 20:03
写真
編集
糸吉様

いつもありがとうございます。少し思い立って今日も記事を書きました。いろんな方を励ましていきたい、そんな思いで今日はいっぱいになったもので・・・写真はいいですね。私は先生の写真に感化されて真似っこで始めました。撮り方も撮る場所も特にありません。心が澄んでいる時、なぜかいい風景に出会えるんです。いくつかはスマホで撮ったものですし、昔のフィルムカメラの頃の写真も交えています。(ネタが少ないもので・・・)とにかく先生の写真が大好きなのです。疲れたら写真集を開いています。なんか心が広がっていくんですよ。ぜひ、糸吉様も感じるままに撮ってください。これからもよろしく。
2014年02月01日(Sat) 22:11
魔を見破る
編集
このブログで私は信心のこと、御書、戦い、祈り、池田先生ご指導をここで、学ばせて頂いています。広布の大河さんは、信心一筋ですね。私はこの度の宿命でようやく、信心一筋になりました。わたしは三世ですが、母は熱心に信心はそれほどやっていなくて、私の方がやっていると、言えばやっていますね。(笑)でも、今までは白ゆりとして、活動はしてましたが、友人とかには話はしたことありませんでした。選挙とかは違いますが。
今回本当に宿命転換しないといけない状況になりました。今までの信心を反省しつつ、不惜身命の思いです。そして何よりご本尊様に謝らなければいけないですよね。ここまで来ないと信心一筋にならなかったのですから。
このブログ
広布の大河さんは、本当によく勉強していますね。私も負けないで頑張ります。また、先日の私のコメントに私の為にお題目をあげますと書いてあり、大変勇気付けられました。
まだまだこれからな私ですが、楽しみにしていますので、よろしくお願い致します。
2014年02月04日(Tue) 18:37
闘争心
編集
糸吉様

 学会三世の方だったのですね。そちらの方が先輩です(笑)信心は大変ですけど、自身の来世以降にわたる幸福のための戦いですから、やらないと大きな損です。今世だけの宿命転換ではありません。
 私もお尻に火がついて一生懸命なだけです。闘争心のあるところ、魔は退散し、福運は輝いていきます。今の戦いで、三世に渡る福運の根を張らせてもらえるのです。実と花はやがてついてきます。焦らないで行きましょう!幸福になるための苦労ですから信心は本来楽しいものです。

 コメント、こちらこそ励みになっています。教学は「人間革命」「大白蓮華」「法華経の智慧」など学会のもので学んでください。このブログはあくまでフロク(笑)みたいなものですから。それでも励ましになるなら幸いです。
2014年02月05日(Wed) 10:15
雪山童子
編集
先ほど書き忘れました。
雪山童子(このブログで知りました。)に興味を持ちまして、必死で勉強しました。そしたら、今度の座談会で発表することになりました。嬉しいです。このブログのお陰です。
2014年02月05日(Wed) 21:55
Re: 雪山童子
編集
雪山童子は立派な人格を持った童子にも関わらず、その立派な命を省みず、さらに法を求めたところがすごいと思います。たとえ少しでも見習いたいですね。座談会頑張ってください。
2014年02月06日(Thu) 13:45












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31