2014
06.26

あのころの仲間

Category: 未分類
 私は27歳の時に、当時いました東京で創価学会に入会しました。(そのお話は以前のブログに書きました)入会したころはすべてに行き詰っていたのですが、初心の功徳として素晴らしい人たちと出会うことになりました。まずは長年、信心に徹せられた初老の方を中心に、そこに多くの求道の若者が集まってきました。主に土曜の夜に、友人宅に10人前後の仲間が集い、徹夜で話をしたり、お題目をあげたり、日曜の朝、夜明かしして自分のアパートへ帰るということを繰り返しながら、自然と信心のことを学びました。

 お互いが連れてきた友人なんかも入会し、折伏も盛んで、いろんなメンバーが入れ替わりで仲間に入ってきました。創価大学の学生や先生なんかもおられ、今も交流が続いています。みんな若かったこともあり、わからないままに信心を求め、学ぶという姿勢は旺盛でした。(そういえば一度も飲み会はしませんでした。)

 若い人も多かったので、時には冗談も多く出ました。
 
 誰かが、「日寛上人は死ぬ前に駕籠に乗って、お世話になったところをあいさつ回りされ、蕎麦を七箸食べて亡くなっていかれたそうだ、みんな人生の最後は何を食べる?」など、一見、たわいもない話にも花が咲きました。(かわいいでしょ?)

 「最後の晩餐か?日寛上人様の時代は選択肢が少ないよ。麺類が好きでもラーメンもスパゲッティもなかったもの。ぼくは店屋物ならカツ丼がいいけど・・」
「ええ?カツ丼は肉だろ、死ぬ前に肉はいかんやろ?せめて木の葉丼にしとけ。」
「末法は無戎だろ?何を食べてもいいはずだ。それに木の葉丼だってかまぼこ入ってるよ。あれは魚だし」などという奴もいました。

 また、ある時は「今ここにある蜜柑でも、誰に食べられるか、誰の命を養うか運命があるよね。これにしよう、いや待てよ、こっちの方がうまそうだと一瞬、躊躇したことによって、こちらの蜜柑がぼくの口に入る。蜜柑からすれば、これに因果があると思うか?」などという話がでました。
「そりゃあるよ。因があるから果がある。俺の身を養える蜜柑は幸福者だ、それに引き替え、お前の腹黒い胃袋に入っていく蜜柑がかわいそうでならない、これは蜜柑にとっての最悪の果報だろう?」などといって大笑いしたものです。

 それがどうしたという話ばかりですが、そんな話で仏法を考えたりもしましたので、あながち無駄ではなかったかもしれません。もっと教学的な深いお話もあったはずですが、どうも覚えているのはこんなおかしな話ばかりで・・・(笑)そして夜明けも近くなると、みんな始発の電車などで三々五々帰って行きました。



IMG_4219-1_R.jpg




 「不幸の根源、邪宗教、御本尊は絶対だ!」そんな言葉が威勢よく飛び交ってもいました。そんな連中と一度だけ奥多摩に遊びに行ったことも今では懐かしい思い出です。セピアになった写真が1枚だけ残っていて、私も悩み深い顔して写っています。(笑)(なにせ30年前ですから)
 相手の幸福をそれほど祈りもせずに、友人宅を急襲してはガチャガチャ折伏をやったりしてました。(破天荒なあのパワーがどこか懐かしい。(笑))

 その仲間たちとの交流も4年ほど続きましたが、やがて私も父親の死に伴って、東京を離れましたので、それからその仲間とも疎遠になりました。そして、やがてあの宗門問題が明るみになったのです。

 かつての友人たちの消息を、ある人がいろいろと知らせてくれました。そして仲間の半分以上が法華講へと去ってしまったことがわかったのです。何人かと連絡を取り、対話しましたが、かえってこちらが悪く言われる始末。一人は学会を激しく中傷し、大きなトラブルまでおこしました。

   そんな中、今でも嫌いになれない、私と仲の良かった友人がいます。10年以上も前に電話で話したのが最後ですが、「Mちゃん(私のことです)、お山の御本尊様を拝めば、必ずこちらが正しいとわかるよ・・・」と沈痛な声で彼がいった言葉が、今でも耳にこびりついています。彼は純粋でした。今も思い出しては仏前で彼の幸福を祈る私です。(もちろん生きているでしょうけど・・・)

 法華講に行くも学会に残るのも運命です。それは三世の分かれ道ともいうべき事件でした。それにしても同じ穴のムジナであったのに、なぜ彼らは法華講に行き、私は学会に残ったのか・・・もちろん各々の宿業には違いありませんが、それはあまりにも不思議な出来事でした。

 本当は私(達)も法華講に行くところを、彼らがその業を背負い、行ってくれたのではないか?そういうことを思うことがあります。自分だけが幸福になる道を行き、彼らが不幸になっていいわけはない・・・自分一人が喜ぶことはやはりできない話だとも思います。

 その集まりの中心であった初老の方に、私がしんどくて個人的に指導を受けに行ったとき、「お題目をあげぬくんだ。池田先生について行きなさい。」と言われました。信心つたなき私の命に、将来を見透かしたように楔(くさび)を打ってくださったその方こそ、大恩の方というべき人です。

 入信した時のその人達との出会いは、私にとって人生を決する非常に不思議な出会いとなりました。あれから30年たちましたが、いつもあの会座を、あの友の顔を思い出さない日はないといってもいいぐらいです。そしてあの時が私の信心の原点になりました。


 受験に失敗し、東京に行けば何かあるだろう・・・そんな気持ちで夜行列車に乗り、一人上京しました。やがて落ちるところまで落ちて、仏様のご慈悲で創価学会に入らせていただきました。

 そして自分の知らない力で吸い寄せられるように出会った先輩や多くの仲間達・・・土曜の夜に道を求めて集まってきた不思議な仏縁の人々・・・そこで私は何物にも代えがたい、一生にわたる信心の土台と確信を得ることができました。
今、思うとすべては仏様のお計らいであったと確信しています。
 
 何かの行き違いのように、仏法の上で敵味方に別れることになった彼ら。いつの時も私にとって彼らが懐かしい、大切な心の友人であることに変わりはありません。むしろ年月が経つにつれ、よりあの時間がまぶしく、彼らが私にとって縁の深い大事な人たちであることを知らされるのです。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村





トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/77-14f6384a
トラックバック
コメント
懐かしいです。学生時代、東京いました。非常識極まる活動していました。居留守している部員宅の二階の窓から挨拶したり、24時間題目とかしました。人生の一時期は熱湯の信心があってもいいと思います。その頃、共に活動していた仲間で脱会したのは僅かです。本部職員、県議、市町村議員などで頑張っています。組織では、支部長クラスが多いです。ふーらいぼうは私だけのようです。それも広布にはいいんではないかと思います。今は、チョロチョロ信心ですが、先生との誓いの人生、夢にへの実現にもがいている私です。
うるとらまんdot 2014.06.26 21:43 | 編集
うるとらまんさんへ 若い時はエネルギー爆発もあっていいですね。いつの時も根本に広宣流布、師弟不二をもって戦って行けば、あとは桜梅桃李、いろんな人、いろんあ形があっていいと思います。型にはめようとすると本当の生命力が弱ってしまいます。私も一歩づつ人間革命して伸びやかな人間になります。
王者の剣dot 2014.06.26 23:07 | 編集
今までの事が意味があったのでしょうね
私にはそういう破天荒な人生ではありませんが
宿命転換に向けてやりきります。
糸吉dot 2014.06.27 15:36 | 編集
福島の壮年様 信心を真面目にやると、すべてが無駄がなく生きてくるというのが私の体験です。ずっこけたり破天荒であっても、それを諌めてこうしなければいけないと、あまり人を型にはめることは私は嫌いです。その分、相手を信頼して伸び伸びと自由にやらせてあげたい・・・角を矯めて牛を殺すことはいけないとは先生の教えです。それでなくても没個性の息の詰まる時代ですから。相手を楽しくいきいきと信心させてあげる・・・それが本当の励ましであり、指導だと思います。そうすれば間違いも自然とよくなっていくと思います。
 獅子身中の虫は善人の顔をして出てきますので紛らわしいです。悪人が善人の顔を装って、本当の善人をたぶらかすのですから、よく注意していなければやられます。私も心の用心は怠らないようにしています。
王者の剣dot 2014.06.27 16:59 | 編集
福島の壮年様 自分の返信が何度も不正投稿と判断され、それを削除しているうちに、あなた様からいただきましたコメントを間違って削除をしてしまいました。大変申し訳ありません。
王者の剣dot 2014.06.27 17:16 | 編集
糸吉様 いつもありがとうございます。どんな道から歩いて行こうと、目指すところは同じ一生成仏ですね。川もいろいろあっても大海に流れ込めばみな一つになります。法華の大海をめざして一緒に人間革命、ぐぁんばりましょう(笑)御本尊様しかない・・・いつもその心意気ですね。
王者の剣dot 2014.06.27 17:21 | 編集
おはようございます
王者の剣さんも 東京だったんですね
いい思い出があって 素晴らしいですね
残念な事もありますが(私の場合 当時の少年部が 所化になって わが地区ではないですが 家族共々 日顕宗にいき 奥さんは お亡くなりになりました)
悲惨な時代を生きてきました

今 魂の独立記念日を境に 自由を勝ち取り 本当にいい創価の時代になったと喜んでいます
ちよdot 2014.06.28 09:27 | 編集
ちよ様 思えば青春時代の12、3年も東京にいましたので、第二の故郷かもしれません。たくさんの思い出が詰まった場所で、今もあれこれ思い出します。(笑)今はその頃と変わりましたので行きましても右往左往しますが・・・私の知人も学会から所化になり、いまだ日顕宗のようです。昔は本山に行くとその彼の計らいで、特別に内部をみせてもらいました。正本堂は謗法の供養と言って破壊しておきながら、寄進した寺にはこちらの勝手と住み続ける・・・その振る舞いを見ても、身勝手な信者蔑視の傲慢というほかありません。
王者の剣dot 2014.06.28 10:27 | 編集
 はじめまして、いつも楽しく拝見しています。

これからもROM専だとおもいますが、「なるほど~」 「あるある」とか突っ込みを入れながら
こっそり訪問してますので、挨拶がてらゆっくりがんばってください。 
キタヤンdot 2014.07.04 00:09 | 編集
キタヤン様 コメントありがとうございます。こっそり楽しんでいただければ幸いです。学会壮年部ここにあり!でがんばっております。信心の素晴らしさ、楽しさを少しでも伝えられたらと思います。今後ともよろしく!
王者の剣dot 2014.07.04 06:52 | 編集
王者の剣さん、ちよさんのブログでのコメント、
態々ありがとうございました。
------------------------------------------
http://tomotiyoo.exblog.jp/22985938/
『真実を語る/衆生所遊楽に 似てません?』

Commented by 王者の剣 at 2014-09-24 20:22 x

福島の壮年様へ 
 ここをお借りします。そのコメントは本当に大変な誤解ですよ。
誤って削除したことは事実です。
叱るなんて気持ちにとられたのも心外です。
(以下、略させて頂きます)
------------------------------------------

そこでの私のコメント。
------------------------------------------
Commented by 福島の壮年 at 2014-09-24 14:55 x
以前に、コメントを付けさせて頂いたことがありましたが、
お気に召さなかったらしく、私のコメントは非公開で、
私をお𠮟りになるご返信だけ公開されていました。

まあ、私のことが気に入らないのでしょうね。
------------------------------------------
これは、本気で「嫌われたんだろうな」と、感じていました。
確かに「あやまって削除」と、ご返信にはありましたが、
・・・まあ、あれこれいっても仕方がないので、やめましょう。

(続きます)
福島の壮年dot 2014.09.25 14:11 | 編集
いずれにしても、私の誤解であったということですので、
その誤解をそのまま他人様のブログ・コメントに書き込んだ
軽率をお詫び申し上げます。
まことに、失礼いたしました。

ついでですから、その時につけた私のコメントを再度
書き込んでおきます。
それに対する、王者の剣さんの当時の返信は、私には
全てが得心できるものではありません(それが誤解の種
にもなっています)が、学会員同士とはいえ、人それぞれ、
個々人の考え方と言うものはあって然るべきですので、
王者の剣さんの考えを否定するものではありません。
「そういう考えもありだな」と、受け止めさせて頂きます。

今更ですので、表示されるかどうかは、お任せします。

(続きます)
福島の壮年dot 2014.09.25 14:13 | 編集
はじめまして。
私も学生部の頃は随分とお馬鹿なこともやったし、
下らぬことも言い合っていましたね。

私の狭くて汚いアパートの部屋が溜まり場でした。
「遊び」の度が過ぎると、
「学生部の活動は、サークルの集まりじゃねえ!」
と、怒鳴ったこともありましたが…。

学内では、自分の学部の目標にひとつ届かず、
頭を五分刈りりにして、学生部室に行ったことも…。

そして、夏休みに奥多摩の古民家をお借りして、
部の教学研修会を開いたりもしましたね。
懐かしく、思い出しました。

もうひとつ、私が中等部の時(40年以上前)に、
座談会で、私が皆さんの前でお話しさせて頂いた
ことがあります。
生意気なことを言ったものですが、今でも鮮明に
覚えています。

「学会は、外から崩されることはない。
 必ず、内部から獅子身中の虫が現れる。
 その時に篩いにかけられないように、
 注意しなさいと聞きました」

多分、誰か大人から聞いたことだったのでしょうね。
その当時から、予見されていたことなのですね。
「宗門問題」というのは。

長々と失礼しました。
福島の壮年dot 2014.09.25 14:14 | 編集
福島の壮年様

その節は失礼いたしました。自分のものを削除するのに間違いまして(汗)再度投稿願うのも失礼かと思いました。あらためてお詫びいたします。そのためコメント欄に福島の壮年様のお名前がないので(一回きりでしたよね)その時の記事の返答などがすぐに見つからず探してみます。きっと私も生意気な返事をしたかもしれません。宗門問題は池田先生が後世のために、呼びいだされた僭聖増上慢だと理解しています。宗門を外護しつつ辛抱されたことを学びました。「広布と人生を語る」を読みましても、日顕上人をたててやっていくとおっしゃっています。横暴な法主に対し、いかほどの胸中であったか・・・私など語る資格はありませんが、会員のために耐え忍ばれていたと思います。そして今、宗門に束縛されることもなく、民衆仏法の新世紀の夜明けがやってきました。本当にありがたいことです。それにしても中学の時のお話ですか?私など田舎で鼻を垂らして、おかしな夢を見て遊んでいたように思います。
王者の剣dot 2014.09.25 14:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top