広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 一幅の曼荼羅

一幅の曼荼羅

  入会して間もない頃、ある方からお伺いしたお話です。

 昔、東京・青梅の方に一人の乞食がいたそうです。おそらく昭和30年代のことだと思います。乞食ですので橋の下に筵(むしろ)か何かで囲いをして、そこをねぐらにして暮らしていました。その乞食がある日のこと、御本尊様を拾ったのです。それは誰かが御不敬して捨て置いたものだったかも知れません。雨風にもさらされていたせいか、傷みも激しかったそうです。

 当時は学会の折伏が日の出の勢いでしたので、御本尊流布も寺に行列ができるほどだったそうですが、反面、浅はかにも御不敬する人も多くあったようです。

 その御本尊様がどういういきさつのものであるかわかりませんが、それを拾ったのが乞食でしたので、特に警察に届けるでもなく、ねぐらに持ち帰りました。壁と呼べる場所が乞食の住まいにあったかわかりませんが、とりあえずしかるべきところに掲げていたようです。

 乞食ですので仕事はありません。日中は物乞いにあちこち出かけていたのですが、不思議な事にその傷んだ御本尊様を拾ったころから、道でもらうお恵みが増えて行ったのです。今まで入ったことのないようなお金が恵んでもらえたりする・・・そういう不思議な事が現証としてよく起こってきたのです。

 乞食はお金が入ってくるという現証を目の当たりにし、それがこの御本尊によることを確信しました。きっと歓喜もしたことでしょう。文字が読めたなら「なんみょうほうれんげきょう」とつぶやくことぐらいはしたのかも知れません。

 その話が、いつしか村のうわさとなって、やがて地元の学会の幹部さんの耳にも入りました。幹部さんは乞食の話を聞くために棲家を訪ねて行きました。しかし、あまりに御本尊様が傷んでおりましたのと、元の持ち主も不明ですので、どうすることもできないと思われたようです。



 midani1-1_R.jpg



 それで「この御本尊は傷んでいますし、あなたにお下げ渡しされたものでもありません。もし御本尊がほしいということなら、新しいものとお取替えをいたしましょう。」と乞食に言いました。

 すると乞食が言うには「いいや、わしはこれを拾った日からいいことがいっぱいおきるようになった。これを手放すわけにはいかない。新しいものなどいらないから、この掛け軸を持って帰らないでくれ」と言ったということです。    
乞食が絶対にその御本尊を手放そうとしないので、幹部さんもあきらめてそのままで帰っていくほかなかったそうです。

 話はこれだけなのですが、私はこの話はいい話だなあと、なぜかよく思い出すのです。

 何も知らない乞食が、ある日、一幅の曼荼羅を拾った・・・そこからその乞食の生活に変化が現れます。それは表面的には金銭的な功徳だったかも知れませんが、もう少し深い意味があったとも言えます。それは100万年暗きところに一筋の光がサーと射し込んだような、乞食の生命の中で幸福の花が知らず開いていく、三世のドラマの始まりではなかったかと思うのです。

 雨風に打たれていた御本尊様を拾い、持ち帰り、棲家にまつった・・・その行為は乞食にとっての仏縁となり、それに仏様のご慈悲がきっと下りたのだと思います。

 御本尊様を拝しますと、右の肩には「若し悩乱する者は頭七分に破れ」、また左の肩には「供養すること有る者は福十号に過ぐ」と認めてあります。謗法の罪は頭が七つに割れる。つまり精神病でしょうか?そして供養する人は福運がいや増して仏になる。その時の乞食の心境まではわかりませんが、きっと持ち帰り大事に思ったその心に、福十号が顕然したのかも知れません。

 いわんや私達は朝夕、御本尊様にお題目をご供養し、学会活動をし、折伏もします。その功徳がどれほど大きいか、凡夫の智慧でははかれないということです。

きっと今頃あの乞食は、どこかに生まれ変わって、「過去世に、捨てられて傷んでいた御本尊を救った功徳によって大長者に生まれ、諸天にも讃嘆されて幸せに生きている」と私は想像するのですがいかがでしょう?

御聖訓には
「一生はゆめの上・明日をごせず・いかなる乞食には・なるとも法華経にきずをつけ給うべからず」とあります。

 たとえ乞食であっても、また思うようにいかない不遇の身の上であっても、「この御本尊に傷をつけてはならない」と仰せです。そして信心できることがどんなにありがたいことか、信心を励むほどにわかってくるのです。

 今日もその福徳を噛みしめながら、障魔を蹴散らし、題目を朗々と唱え、笑顔で前進して行きたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



Comment

編集
すごい話ですね。
私の支部にいる婦人部長さんは、若かりし頃、寮に入り押入れのみかん箱にご本尊様を安置して、活動ししていたそうです。3年前にご主人が大事故に巻き込まれ九死に一生を得たそうです。その時新聞にでかでかと出て、それでもご本尊様に傷をつけられないと、頑張り、今ではご主人の難病も、名前がわかり学会(医師)の手伝いもしてるそうです。大河さんの話もご本尊様に巡りあったということがガンジス川の砂の一部と言われるように、幸せなことだと思います。なのでご本尊様一筋に頑張りたいと思います。大河さんのように、思うだけでなく実行していきますね。ありがとうございました。
2014年07月29日(Tue) 00:32
Re: タイトルなし
編集
Re: タイトルなし

糸吉さん ちょうど我が地区で、残念なことに御本尊返納を願い出られた方がおられ、その御本尊様を今、我が家でお預かりしています。日達猊下の時代のものですが、何十年とお巻きしたままだった様子で、せめて会館に収めるまでと思い、小さなお厨子に掲げて、朝夕お題目を供えています。そんなこともあり、この話を紹介しました。この御本尊があれば未来永劫の幸福をつかむことができるのにもったいない話です。
※大河さんというお名前の方はほかにもおられるようなので、私のことは「王者さん」か「剣さん」ぐらいに(名前負けしていますが)しておいてください。(笑)

2014年07月29日(Tue) 13:38
編集
>大河さんというお名前の方はほかにもおられるようなので

そうですね、私以外にも数名おります。
初めて書かせていただきます。
御本尊様については、統監で掌握されていないけれと実は
持っていますという方には、聖教配達などをしていると
遭遇します。
コメント欄では詳しくは書けませんが、
切ない思いもしますが、先生の指導に、今世、来世、その次の世に
少しずつというような意味の指導がありましたので、
「縁」できたというだけでも凄いことなんですね。
2014年08月03日(Sun) 12:25
Re: タイトルなし
編集
大河さん コメントありがとうございます。大河さんというお名前は時々見かけておりました。ブログも存じ上げていなかったのですが、また拝見させていただきます。御本尊返納には様々な理由がありますが、退転ということが多いのは事実でしょうか。御本尊様の力をつかめない人、信力の弱い人から退転していきます。「爪上の土」と説かれますのでやむを得ないとも言えますが、わが身の上に仏法の偉大さを顕現できるかどうか・・・一人ひとりが証明者になる以外に広布の進展も個人の幸福もないはずです。そのためにいただく御本尊様です。お巻きしていたり、返納したり・・・私も悲しい限りです。「無冠の友」として毎日の聖業、本当にご苦労様です。ともに広布の夜明けを開いていきましょう!
2014年08月03日(Sun) 21:29
Re: 非公開でお願いします
編集
非公開様 コメントありがとうございます。3世、4世と信心が続いていることは素晴らしいです。草創の方の信心がしっかりされていたので、御本尊に純真な子が生まれてくるのではと思います。でも最後は自分と御本尊様の信心ですので、あくまで自分が大事です。折伏をやって悩みが出てきたことはいいことだと思います。「折伏してるのに何故?」ではなく「折伏したから命の傷が現れて人間革命できるのだ」と勇むところからが本当の戦いです。それを何度も経験していくと命が強くなってきますよ。「何があっても大丈夫、私の人生は波乱万丈、愉快で楽しい」そう言えるために私も信心しています。
2014年08月06日(Wed) 06:14
はじめまして。
編集
思わずコメントしたくなりました。

「その後」のことは、いろんな想像をめぐらしてしまい、さながら小説にもなりそうですね。
きっとおっしゃるようなことになるんだろな~と、私もニコニコしながら読ませていただきました。

私は二世なのですが、親父が若い頃、ご安置できる状況もなくて、いつも袱紗に巻き、巾着に紐を通し、そしてワイシャツの胸ポケットに入れて大事にしていたそうです。
貧乏なくせに(笑)、いつも一張羅の背広をビシっとキメ、首からご本尊をぶら下げて、さながらお守りご本尊。「よく大幹部に間違えられたもんだ」と笑って語る親父でした。

その親父もずっと長い間、少し幅の小さいサイズのそのご本尊をずっと大事にしていました。
私は未来部の頃、「うちのご本尊さまはなんて小さいの?」と尋ねました。
「よそのお宅みたいに普通の大きさで、もっときれいなご本尊に換えてもらえるらしいいよ」って。
すると親父は、「俺は“この”ご本尊さまのおかげでここまで来れたんだ」と。
みかん箱の仏壇の話もしてくれました。てゆうか、自作だったそうです。

幾星霜、私も所帯を持った頃、貧しくてほんと小さな小さな仏壇ですが、
必要な家具そっちのけで、いの一番に仏壇を買い、6畳ひと間のど真ん中にご安置させていただきました。
苦しい生活が山あり谷あり。牙城会の先輩に「ええか!しんどくてもな、牙城会ひっしになってやってたら、家を買える境涯になれる」と言われました。家はともかく、夢みたいな話。
でも、40になって牙城会卒業の年、やっと買えましたね(笑)
「これで満足するな」と先輩。ごもっとも。頑張ります。
随分と昔話ですが。

2014年08月12日(Tue) 07:01
Re: はじめまして。
編集
イクゾー様 素晴らしい体験談ありがとうございました。体験、実証に勝るものはありません。貧しくとも生活は中流でいきなさいと、戸田先生が言われていたように思います。私も貧しくても、心には大富豪の余裕をもって生きるようにしています。奥さんには無理させてますが(笑)お父さんの気持ちもよくわかります。男は見栄もありますしね。でも苦労しているときが実は幸福な時なんですよね。それがなかなかわからない。信心は一生の戦いです。ますます強くして大きな功徳を得られますよう、ご祈念させていただきます。
2014年08月12日(Tue) 17:46












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30