広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 誓願の大道

誓願の大道

 
 台風の進路が気になるところです。我が家でも一泊、日本海に行く予定でしたが、少し日を変更しようか思案しているところです。皆さんの心のほうの空はスカッと晴れているでしょうか? こちらは快晴ですよ。(笑)

 先月の末の連休に私も広布大誓堂に行かせていただきました。前日の午後に東京入りして、本部に行ったのですが、池田先生へお手紙をお渡しすることが一つの目的でしたので、まっすぐ接遇センターに行き、手続きの上、無事にお渡しすることができました。日々の写真の中から「無冠の友」の写真として10枚ほどを同封いたしました。(今日の写真も入れました。)

 今回は先生に自身の未来に向かっての誓願をお書きしました。そして最後に先生と永遠に戦いゆくことをお誓い申し上げました。結局、その誓願が私にとって最も大事なものだからです。嵐であっても心そこにあれば、すべては希望と歓喜に晴れ渡ります。先生にお手紙を書いて誓った以上、もう後には引けません。(笑)これで私の人生は決定したのだと自身に言い聞かせました。おかげで身も心も一段とすっきりといたしました。

 「誓願」と聞きますと有名な御聖訓を思い起こします。「我日本の柱とならむ 我日本の眼目とならむ 我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず」との開目抄の一節です。私など一家の柱になるのもやっとですが(笑)この信心をした以上、いついかなるところにいようと、「広宣流布」と「一生成仏」の誓願をもって生きることが、仏の道の肝要ではないかと思います。

 そんなありがたい身に反して、怨嫉と不信の命で反学会のお先棒を担ぐ人も世の中にはいます。本当に末淋しき境遇と心から同情申し上げます。御本尊様と学会に反対して幸福になる人はいない・・・仏の生命を傷つけ損じるのですから、やがては自分が滅びていく、哀れにもその業因を日々重ねている人々・・・そのことを思えば、私たちは100千億倍も幸福者です。自然と歓喜の舞の一つも舞いたくなるというものです。

 朝に夕に「誓願」の旗を前に立て我々は生きて行く。今がどんなにつらくても、過去がどんなにひどくても、明るい未来を開くことができる。だから強気で行けばいいということになっています。「現当二世」ですので今日から未来に生きる・・・私など過去がひどいものですので、「現当二世」や「本因妙」という言葉にはいつも希望をいただいてきました。


IMG_8167_R_R.jpg


 晴れやかに誓願勤行会を終えて大誓堂の外に出ますと、戸田先生のお歌の碑が立っています。

 『妙法乃 広布の旅は 遠けれど 共に励まし 共々に征かなむ』

そして脇には池田先生の峻厳な師子吼が私たちの生命を貫きます。
  
  『我ら戸田門下生は 広宣流布のその日まで
  勇んで三類の強敵の嵐を超え
  恩師のこの和歌を永遠の原点となし
  異体を同心として 仏意仏勅のために
  共戦しゆくことを ここに誓うものなり
  
  この和歌の精神に違背する者は もはや魔類であり
  我らの同志に非ざるものなり
  我ら創価門下はすべからく 生々世々代々の会長を中心に
  折伏弘教にまい進すべきことを ここに書きとどむ』

 (その場でメモしたもので字句に間違いがあればお許し願います。)

 「魔類」との言葉に先生の並々ならぬ三類の強敵との対決の生命を感じます。我らもあとに続き、仏に背く勢力と戦いゆかんと思うのみです。

 今回、誓願勤行会に参加し、私自身、これからの「人間革命」の土台を、「師弟の道」の進路を、我が体内にいや増して明確に顕すことができました。我々は希望と歓喜に燃え、雄々しく人生と広布に挑戦、開拓していかねばなりません。師弟の道に、題目の音声と共戦の誓願をもって呼応し、異体同心の道を心ある皆さんと共に歩いていきたいと思います。

 今年は蒸し暑い日が多いですね。寝苦しい夜も多いと思いますが、皆様、体調に気をつけて、有意義な日々をお過ごしください。8月は「原爆の日」「終戦記念日」と戦争を心に刻み、不戦の誓いを新たにする月でもあるかと思います。私も折々にその祈りと共に生きていきたいと思います。

ブログをご覧いただく皆様のご多幸とご健康を心からお祈りいたします。

 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

Comment

編集
台風は、直撃することなく、過ぎ去り安堵しています。先生にお手紙を書かれたとの事、決意も新たになられたと思います。先生にお出しした家族の写真とお手紙が、手元に保管しておきなさいと、送り返してもらった写真と手紙があります。今では、家宝となっています。読み返すたびに猛省しています。ここで王者の剣に紹介し気持ちを新たにしたいと思います。池田先生入会60周年おめでとうございます。長男太翔が満一歳になり、池田先生の誕生日の日に入会しました。元気で遊んでいる息子の姿に信心して本当に良かったと実感する毎日です。先生から頂いた揮毫を拝見する度に勇気と希望が湧いてきます。近くの小学校でいじめについて夫婦で講話する機会がありました。校長先生から教師児童すべてに価値ある内容でしたと喜んでいました。聾唖者の友人は、私達の気持ちを伝えてくれてありがとうと涙を流して感謝してくれました。聾唖者の友人でいじめにあったことのない友人は一人もいません。今でも社会的差別と戦っています。これからの人生、夫婦で力を合わせ講話、手話普及活動を通して耳の聞こえない人、聞こえる人を心で結ぶ活動に邁進してまいります。今が最高に幸せです。一千万の戦い沖縄は勝ちます。長男太翔を必ず創価大学に送ります。
2014年08月07日(Thu) 19:29
Re: タイトルなし
編集
うるとらまんさん 私もここでこれからの信心の決意をはっきりさせておきたいと思い、すべてを先生に賭けて生き抜くことをお伝えしました。それに対し、先生から思いがけない激励をいただきました。戦いはこれからです。外との戦いと共にどこまで先生と不二になれるか、それが勝負のホシだと思います。題目をあげぬいて何とか食らいついて頑張ります。信心は一生を走りゆく、まさにマラソンレースですね。これから30キロから40キロの勝負どころでしょうか? 大逆転レースを見せる心意気でお互いやりましょう。お子様の成長が楽しみですね。
2014年08月07日(Thu) 22:45
編集
こんばんは
誓願勤行会無事に終えたのですね。
自分の気持ちに決着がついて、新たな気持ちで再出発人間革命と三世永遠の為に、ものすごいパワーを感じました。
最近のお題目で自分がしていることに負けないことに気が付きました。信心していない友人の方が明らかに幸せだと思っていましたが、私自身が自分に負けていることに気が付きました。これからはどんなことにも負けずに挑戦し白ゆりらしく堂々と突き進んでいきます。
一歩も引かずにご祈念どおりの自分になるように頑張ります。そして弱い心をめったさしにして、強くなります。今までは弱すぎたのです。
今年も8月です。私も宿命転換します。
これからもよろしくおねがいします。
夏バテしないように気をつけてください。
2014年08月07日(Thu) 23:47
Re: タイトルなし
編集
糸吉様 強くなろうという決意ができてよかったですね。「月々日々に強り給え」です。いつか強くなるのではない、「今、私は強いのだ」、いつか仏になるのではない、「今、私は仏なのだ」と決意していくべきです。それが本当の「現当二世」「本因妙」ではないでしょうか?その決意の強い人に仏の力が湧現していきます。先生は猛スピードで前進されています。その師子の尻尾から振り落とされないよう、題目をあげていく思いでつききっていきたいと思います。「共に励まし 共々に征かなむ」ですね。
2014年08月08日(Fri) 06:30
編集
そうですね。
尻尾から振り落とされないようについていきます。
こういう言い方って好きです。
お題目にも自然と力が入るからです。
今後もよろしくお願いします。
お体お大事に!
2014年08月08日(Fri) 10:19
はじめまして
編集
千葉市美浜区に住んでいます婦人部の花百蓮といいます。「誓願」・私も一歩も怯むことなく進んでいくだけです。今年も今日まで願ってきたことが、8つ叶いました。いろんなことがあるとは思いますが、すべて「意味」のあることだと本当にわかったとき私は本当に使命だったと自覚させて頂くことができました。
2014年08月14日(Thu) 08:04
Re: はじめまして
編集
花百蓮様 コメントありがとうございます。具体的に願いが叶っているということ、素晴らしいですね。私も見習わないといけません。苦しいことにも、祈らなければならないことにも全部意味があるはずです。願いが叶っていくことは、その肥やしが効いてきれいな花を咲かせることに似ていますね。私の誓願はこの地域に未来後継の人材を輩出することです。それができた時には個人の願いもおのずと成就するものと思います。共々に頑張っていきましょう!
2014年08月14日(Thu) 20:47
こんばんは
編集
私も王者の剣様と同じですね。地域後継孫も含めて大事です。
2014年08月15日(Fri) 21:30
Re: こんばんは
編集
花百蓮様 言葉で言えば「後継」は2文字ですが、命がけでやらないと作れないほど、私の地域も厳しいところです。でも必ず妙法を求めている若者がいると信じて向かっていくしかありません。まさに地区部長としての自分の使命だと思っています。
2014年08月15日(Fri) 21:57
編集
こんばんは、友好期間ももうじき終わりますね。確かに後継は言われるとおりですが私たちの使命のひとつですものね。現実に私もたくさんの人と接してきて、何のために人は生まれ死んでいくのか、不安や悩み等抱えています。話しをさせて頂いてきてそういう答えが多かったですね。一つは御本尊様に対する確信をつかまさせることが大事だということと(勤行、唱題、基本をしっかりして功徳の体験)創価学会員でよかったと本人が自覚できるまで祈って普段から接していくことを心がけています(私の娘や孫にも)地区部長の王者の剣様には当たり前でしょう、と言われそうですが(^-^;御本尊様経由が1番結果が早いから~。これから友人がいる神奈川、東海、新潟に対話に行ってきます。また寄らせてください。
2014年08月21日(Thu) 22:09
Re: タイトルなし
編集
花百蓮様 暑い中、活動ご苦労様です。御本尊様、学会への確信をつかむことは大変です。動執生疑との戦いの連続です。魔もそれだけ強くなりますから・・・・それを打ち破っていくのは強い信力、行力ですよね。そこに本人が入っていけるかどうか、そのお手伝いをするのが同志への励ましになると思います。神奈川、東海、新潟・・・とその行動力に敬意を表します。気をつけて・・・
2014年08月22日(Fri) 09:40












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30