2014
08.14

『いっぽんどっこの歌』

Category: 徒然の記
「ボロは着てても心は錦 どんな花よりきれいだぜ」

 これは水前寺清子さんの「いっぽんどっこの歌」です。みなさん御存じだと思いますが、作詞は星野哲郎さんという方で、阿久悠さんと並んで昭和歌謡の作詞家の大御所の方です。阿久悠さんが才気にあふれ、洗練された歌謡派なら、星野さんは苦労人で少し泥臭い演歌派と言えるかもしれません。その分、応援歌や励ましの歌も多く書かれています。船乗りから作詞家になられた方で、若い時に腎臓結核という病気で腎臓を摘出され、船を降りられてから作詞の道に入られたそうです。

 何かの時に私の命にこの歌が出てきます。誰しもそういう歌の一つ二つお持ちではないかと思います。「学会歌ではないのですか?」と言われそうですが、学会歌もありますが、こういうのも出てきます。仏法に通じているからでしょうか?特に金欠病の時は良く歌います。(笑)

 学会員さんでも真面目な方は信心の本しか読まない、学会にしか友人がいない・・・という方もおられます。一見、純粋に見えますが、それでは世界が小さくなることも事実です。大いに外に目を開き、他の文化や社会や趣味など、もっと学びたいですね。広宣流布も外交戦との指導がありますから、一期一会であっても命と命の交流です。池田先生が難しい話をしないで、手品で子供たちを楽しくされるのも、相手との距離を縮めて、命の交流をいっぱいされたいのだと思います。私も無芸で困りますが、人を喜ばす芸の一つぐらい持ちたいものです。山本リンダさんぐらい歌って見ようかと思います。(笑)(冗談です)

「若いときゃ二度ない どんとやれ 男なら 人のやれないことをやれ」

 学会精神にも通じます。剛毅な戸田先生、池田先生を彷彿とさせられるではないですか?先生の指導に「大変な時こそ大胆であれ」とあります。小っちゃくなってはいけない・・・小っちゃい私はいつもそう自分に言い聞かせています。(笑)



IMG_4366a_R_R_R.jpg



 北島三郎さんの「風雪流れ旅」も星野さんの作詞です。「鍋の焦げ飯 袂(たもと)に隠し 抜けてきたのか親の目を・・・」なんて歌詞は、なぜか佐渡で阿仏房夫妻が人目を忍んで、大聖人様に食事を届けた光景を想像してしまいます。

 世の中には仏法に通じるものをもった素晴らしい方がたくさんおられます。もちろん森羅万象、妙法の働きであるわけですから、星野さんの歌も仏法と共鳴しています。さらっと書かれているようにあって、苦労人の生き様や根性がにじみ出ています。そういう演歌の世界も私は好きです.。

 理屈では人生は解決しない。現実にぶつかって、うちのめされてまた這い上がって、苦労しながらつかんでいく・・・その中には自分が幸福になるための肥しがいっぱい詰まっています。幸福になるために本当はありがたいところですが、当の凡夫にはつらいものですね。

 蓮は汚泥に咲くと決まっています。生命の汚泥の中に、いえ、もう一歩深く、汚泥そのものがあの美しい蓮の花へと変化していくのではないかとさえ思います。汚泥の多さなら人に引けをとらない私です。(笑)最後にはどんなに美しい花が咲くか、大いに楽しみにいこうと思います。

 「幸せは歩いてこない だから歩いて行くんだね 
    一日一歩 3日で3歩 3歩すすんで2歩下がる」  『365歩のマーチ』

 2歩下がるところが星野流幸福術のように思います。3勝2敗の人生もしぶとさがあっていいではないですか?それでも人生勝ち越せます。(笑)
全部勝たなくても負ける時だってあります・・・そういう心のおおらかさ、それで人の世の痛みも知りながら、今日も爽やかな心で妙法を唱え、生きて行きたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村



トラックバックURL
http://mugenkosen.blog.fc2.com/tb.php/83-043de277
トラックバック
コメント
先日はお返事ありがとうございました。

歌が元気をくれることは度々ありますね。
自分の人生のいろんなシーンに、かけがえのないものをくれたりします。

私はブログには直接アップロードしませんが、
(著作権の問題もあり、仮にも“学会の看板”を背負って「創価学会」とバナーを貼る立場。
違法、あるいは違法スレスレ、脱法、の何れもリスクマネジメントすべきと思う次第です。)
お気に入り動画のURLを、(URLだけなら、先方の都合で削除もあり得るので)
「今月の一曲」として「リンク特集」のコーナーに貼っております。

前置きが長くなりましたが、今月の一曲のその歌詞に、
(ブログ記事にもリンクしました)
http://tomorrows11.blog.fc2.com/blog-date-20140803.html

「 “やるしかないんだから、やらなきゃダメなのよ”
思い切って見上げた明るい空に、君のそんな言葉がグっときたんだよ」

この曲を初めて聞いたのは、そんなに昔の話ではないのですが、
でも、かつてドン底にあった私を、妻が励ましてくれた言葉と、その時の私の心境を
ほんとに見事に再現した歌詞だなぁ~と、明るい曲にもかかわらず、ほんと泣いてしましました。

歌詞はこう結びます。
「努力って言葉は、カッコ悪いけど、努力なしでそれは成し得ぬもんだよ」

うん、これ信心の世界。
また泣けそうです(笑)

イクゾーdot 2014.08.14 23:59 | 編集
真面目な人は信心の本しか読まない。とありましたが、私は頭が硬くて、不真面目なんですが、応用がきかず、ときどき、どうしたものかと、考えてしまうことも度々です。

もっと柔軟になりたいですが、性格ですかね。
演歌はどっちかというと、嫌いなのですが(同じように聞こえちゃうんですよね。)この水前寺清子さんのこの歌だけは時々私も脳裏をかすめます。
私ってほんとに悩みで脅迫されてないと、お題目もちっともあがりません。
頭ではわかってるのです。明日こそはって、こんな思いで宿命転換きるのかなって!
弱きになります。
私の大きな願いの一つに一家和楽の信心。(一家で信心できること)なんです。
こんな時にバリバリやる方法はないのでしょうか?
ごめんなさい。質問になってしまいました。
dot 2014.08.15 01:02 | 編集
イクゾー様 信心をしていますと、思わぬ宿命に遭遇して、苦しむこともあります。私も要領よく行きていく方法があったのですが、その道を捨てました。おかげでいまだに苦労が続いています。それで自分の持っていたものをたくさん失いましたが、また得難い功徳もいただきました。それは三世に持っていける宝珠です。いい歌はみんな仏法の一分の働きだと思います。菩薩界の働きともいえます。自分にはまる曲で力を得て、自分を励まし応援することもいいことですね。
王者の剣dot 2014.08.15 08:35 | 編集
名前書くのわすれました。糸吉です。
補足です。
頭が、硬いとかきましたが、例えば何がなんでも会合は行かなくちゃいけないとか、信心のはなしばがりするとか、そういうのでは、ありません。
私の地区の婦人部長さんのひとりから、信心ばかにならないようにと言われました。友人をひとりなくしたからということでした。それこそ一昔前はなにがなんでも折伏ということのじだいから、創価も修学旅行でお寺にもいったらだめとかそういうのが、世間の繋がりにおいて、できるようになりましたよね。
確かに私も会社で1日15日に、神様の水とかお酒塩を取り替えることもしなくてはなりません。
だからといって、もう何から何まで信心だらけになるというのは、広布の大河さんがおっしゃるように本も学会の本しか読まないとか、そういうのでは、ないのですが、うまく書きことができず歯がゆいですが、そのやることではなく、言うことといったらいいのてしょう。
> 私の言いたいこときっとわからないでしょうね。
糸吉dot 2014.08.15 09:43 | 編集
Re: タイトルなし

noname様 コメントありがとうございます。私も時間的に、学会の本を読むのが精いっぱいですし、友人も同志といるのが楽しいのですが、地域に仲のいい人たちも増えて、その交流も楽しむようにしています。普段はニューミュージックやポップス系も聞きますよ。カラオケ行くとサザンやミスチル、コブクロなど歌ってました。(笑)今はカラオケ行くこともなくなりましたが・・・演歌と言っても恋や愛の歌は好きではないのですが、男気のある骨太の歌が好きですね。どのジャンルでもいいものはいいです。悩みの時は必死に、悩みが薄い時は楽しみながら、私はいつも信心に向かえる性なのでありがたいです。一家和楽は永遠のテーマです。そんなに簡単に完成すれば信心はいりません。(笑)私も息子が学会を嫌いますので、息子の幸せを一生、祈りぬくしかないと覚悟しています。きっとその息子に信心を教えてもらえるはずです。大きな目標を持つこと、教学を学び、求道心を高めていくのが私の信心です。そうすると信心そのもののモチベーションは落ちないように思います

王者の剣dot 2014.08.15 09:44 | 編集
Re: タイトルなし

糸吉様 私も周りから見ると「信心しかない頑なな人」のように見られていますよ。(笑)でも私も実は不真面目だったり、いい加減だったりします。ただ時間に限りがありますから、本を読むのをやめて題目をあげよう、ゆっくり遊んでいたいけど、やっぱり題目をあげたい・・そういうことはよくあります。その辺のバランスは自分で取るしかないですね。外交戦という意味で、友好や、他者を理解する力も必要ですし、それらすべて広宣流布につながる「人間力」を磨くことではないでしょうか?知り合いになった外の人から「学会員で難しい人か思たけど、けっこう、あんたおもろい人やなあ」と言われることもあります。そうやって相手の懐に飛び込んでいけば、その人に仏縁を結ぶこともできる。結局、自他供の幸福のために何が大事かというこ斗に尽きると思います。

王者の剣dot 2014.08.15 09:45 | 編集
ENG様 コメントありがとうございます。そうです。結局、池田先生の指導でやっていくのが一番です。私も池田先生のご指導に出てくる本を図書館で借りたりして読みました。ただ自分にとって難しい本も多いので、苦行になるときは読みやすい良書を探すのもいいと思います。信心根本であればすべてが無駄なく、また自分に必要なものを選ぶようになるのではと思います。世の中に菩薩界の生命のものは、絵画や音楽、文学からアニメまでたくさんあると思います。それらを創造される方は信心をされてないかもしれません。しかし、時に私たちを励まし、啓発し、新しい力を与えてくれることも事実です。そうした世の中のもの全般にわたって自分は門戸を閉ざしたくないというのが私の気持ちです。それは人間関係でも同じことです。それらは心を耕し、育むために栄養分となりますので、もちろん低俗なものより良質なものを選ぶのは智慧だと思います。歌は大衆文化です。先生も庶民の中から生まれたジャズを最大限に尊敬されたり、歌謡曲を愛されたりもされています。その庶民の心を学ぶことや一緒に感動することが私は好きです。もちろん何より一番に信心をしっかりやることが大前提ですので、聖教や学会のものを一番よく読むのはそれはそれで最高ですし、宿命ですよね。(笑)
王者の剣dot 2014.08.15 18:33 | 編集
私も同志の方以外の友人も格闘技をやってましたので、お仕事の仲間、そのほか等の友人がたくさんいます。私の財産だとおもってます。ただ私の宿命が深いために唱題と折伏以外には打開できなかった事実があるので自分のブログでも、どうしても固いイメージに書いてしまいますねぇ~(^-^; また、折伏もできるときにしておかないと、出来ないときもあるって実際に私が大病して2回入院してわかったことです。時間貧乏ですが、また寄らせてください。
花百蓮dot 2014.08.15 21:18 | 編集
花百蓮様 友人を作り折伏していくということは難事ですね。それで人間関係がうまくいかないこともありますし。私もこちらでは創価学会の人として売れていますので、それで距離を置かれる場合もあります。嫌われてもやむなし・・・あまり気にしないでぶつかっていくようにしています。学会宣言も含めて自分の信心が問われますね。我が生命を信心で強くするしか道はありません。健闘をお祈りします。
王者の剣dot 2014.08.15 21:52 | 編集
どのお写真も美しい日本の風景を表現していますね。
タイで暮らす私はすっかり望郷の念を募らさせました。
また、拝見させて頂きます。
ラチャプックdot 2014.08.16 16:01 | 編集
ラチャプック様 タイからのコメントありがとうございます。素直にうれしいです。ネットが海外とつながっていることを実感しました。(笑)また写真を気にいっていただいてありがとうございます。素朴な田舎の風景が自分の写真です。誰も知らない、自分だけの風景との対話です。今回のは初夏の薄曇りの日の蕎麦畑です。池田先生にもお届けいたしました。いつごろからタイに行かれたのでしょうか?自分の今いるところを輝かすのが信心です。でも人として故郷というものは離れてみて、その良さがわかるものかもしれませんね。「望郷」という言葉を久しぶりに聞きました。またお寄りください。なんとか写真もアップしたいと思います。
王者の剣dot 2014.08.16 17:53 | 編集
こんにちわ

「鍋の焦げ飯 袂(たもと)に隠し」って
この前 ある人と話してました
そして 今日この記事を見て そのある人と
おんなじ歌詞が書いてある って
キャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン

とってもいい記事ですね
私も もっともっと視野を広げて チビーズですが 大きな人間目指します
ちよdot 2014.08.17 12:45 | 編集
ちよさん いつもありがとうございます。鍋の焦げ飯で波長が合いましたか?小乗教の仏ではなく、大乗教、それも法華経の仏ですので大きくいきたいですね。それにしても人の心はどうしてこんなに縮んでしまったのでしょうかね?政治にしても外交にしてもあまり進歩していかないですね。結局、仏、菩薩の境涯の人が増えていくことが、世界の平和の道であり、創価の運動の目的です。その先駆けを行く私達ですので、模範となれるよう広い心で人間力を鍛えたいものです。
王者の剣dot 2014.08.17 15:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top