広布の大河に君ありて tori

TOP未分類 ≫ 熱き求道心

熱き求道心

 
 先日来、こちらでも激しい雨が降り続き、近くでは被害も出ました。広島では土砂崩れで大きな被害が出ています。亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

 数日前、小説「新・人間革命」<求道の章>では北海道別海町の青年について描かれていました。

 貧しさから入信し、信心を求めゆく一人の青年・・・男子部の釧路での会合に誘われますが行く汽車賃がない・・・無理だと思うものの「待っているよ」との同志の声がよみがえります。やはり行かねばならないと決意した時、「そうだ、自転車がある」と気が付き、夜通し山道を走り抜け、100キロ以上の道を踏破して釧路の会場へと向かいます。

 そして会場に着いた様子が次のように描かれます。

 「一晩がかりの、百キロを大幅に上回る走行であった。菅山の顔は、汗と埃にまみれていたが、心は軽やかであった。自らの弱い心を制覇した“求道の王者”の入城であった。
 男子部の会合では、全参加者が、この“別海の勇者”を、大拍手と大歓声で讃えた。
 彼らは、菅山の姿に、男子部魂を知った。北海の原野に赫々と昇る、太陽のごとき闘魂を見た。感動が青年たちの胸を貫いた。」


 先生は会場に入ったことを「入城」と言われています。入城とは「仏界」という名の自身の生命の宮殿へ、、青年が一歩入ったのだと私には思えました。

 今、国内で100キロの道のりを自転車で走り、会合や活動に走る人はいないかもしれません。「道のとをきに心ざしのあらわるるにや」(乙御前御書)との御聖訓を思い起こします。1キロでも遠い人には遠い、100キロでも胸中に求道の炎が燃えていれば近い・・・そこにこそ信心があるのだと思います。

 一人の青年の魂が多くの青年の心に灯をともし、信心の波動が会場全体に広がっていったのです。本物の師子が一人立つことの大切さがそこにはあります。そしてその後、その青年は別海町方面の広布の勇将となっていくのです。



ginzanko1_R.jpg



 北海道と聞けば随筆『忘れえぬ同士』で描かれた、嵐慧子さんのお名前も浮かびます。草創期、各地で彗星の如く出現された強信の方々の信心に、今一度学びゆくことが大事だと感じました。そしてこのようなお話を読むと、私の心にも「やらんかな」の熱き心が噴き上がってきます。

 自分の心に「熱き求道心有りや?」と問い続けることは大切です。信心のことを億劫に思ったり、少しのことで無理だとあきらめたり、自分だけのことを考えていたり、その程度の信心では到底、広宣流布も生活革命も思いもよらない・・・広布に対する熱き心と闘争心はあるか?自己を厳しく見つめて行きたいと思います。

 池田先生の御指導には次のようにあります。

 「行動なくして仏法は存在しない。広宣流布のために、どれだけ動いたか──そこに本当の信心が現れるのである。求道の道、弘通の道。この「道の遠さ」は、そのまま深い「志」の現れである。「心こそ大切」である。真実の志は、必ず「行動」として現れる。逆に見れば、「行動」なき信心には真の「志」はない。(2008.4.9聖教新聞)

 口先や頭で考えることは簡単な事です。動かずしてできるからです。しかし行動は体を使い、勇気を出して動かなければなりません。「動かずして事足りる」、そういう横着な癖は 腐敗の元凶となっていくように思います。

 我々の戦いは、何があっても揺るがない不動の信念を生命に打ち立てる戦いです。その信念が確固たるところ仏界が成就していく・・・さあ折伏だ!行動だ!と自身の心に一鞭あてて、日々、立ち上がる決意です。

 今の日本は内乱や紛争もなく、物質的にも豊かすぎますね。だからと言って信心が強いかというとそうとは言えない。また3世、4世と入信動機のない方も多くおられます。豊かな分、世の中全体の魔も巧妙で強いのではないでしょうか?

 お盆の休みも終わり、今年の後半戦もすでに半ばに入りました。まさに「光陰矢のごとし」です。今日からまた「求道」の二文字を心に刻み、我が使命の天地で、志のある行動を積み重ねていきたいと思います。



にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

編集
地区を回ってると自然と元気になります。
啓蒙に歩いていても、帰ってくる頃はニコニコです。
だから、私は自分で元気が出ない時は先に地区を回ります。
そうすると、皆さんから逆にパワーをもらって元気になるからです。

2014年08月22日(Fri) 18:33
Re: タイトルなし
編集
糸吉様 私も動いて元気になったり、もやもやが吹っ飛ぶ方です。活動しないでお題目だけでは、ごはんがあっておかずがないようなものです。うまくできています。法華経は自他不二です。自分と他者、自行と化他行・・・どちらが欠けても円満にはならないですね。
2014年08月22日(Fri) 21:36
編集
東京の冬の厳しさに、沖縄に帰ってきました。北海道での活動は想像したら気絶しそうです。新人間革命に登場した青年のひたむきさに涙がでました。北海道で頑張っている同志がいる。奮起して頑張ろうと思います。
2014年08月22日(Fri) 22:16
Re: タイトルなし
編集
うるとらまんさん 寒いところでは零下20°まではまだ動けるそうです。自分の住む環境に負けては話にならないですもんね。つらい環境、ひどい無理解、不自由な交通手段・・・何でもつらいと言えば愚痴になります。ハングリーだから向上できる、強く戦える・・・そう思うことにしています。もちろんうるとらまんさんのDNAは南国仕様ですので、寒さに弱いのは理解できます。(笑)
2014年08月23日(Sat) 07:01
編集
タテ線だった時代の先輩方の求道心に脱帽いたします。

『入城とは自身の仏界の宮殿に入ったことだ』と感じられたという王者の剣さんの境涯の高さ。
同じもの、同じ文字をみてもその人の境涯でものの見方が全然違いますよね。

嵐慧子さんの純真で清らかな信心をたたえて先生から植樹された『嵐桜』があると父からよく聞かされました。短い一生の中で全てをやりきって霊山にいかれたんですね。私も『臨終只今』の信心をしていきます✨
2014年08月23日(Sat) 12:36
Re: タイトルなし
編集
ランさん お元気ですか?昔は格好も気にしない迫力、たくましさが人間にありましたね。今はスマートでインテリの時代ですか?大根やニンジンを丸かじりして「うまい!}というような、泥にまみれたり、日に焼けた顔で「ガハハ」と笑うようなそんなあけすけな裸の人間がいいですねえ。40代の頃の池田先生のあのお顔、眼差し・・・男であっても惚れ惚れしてしまいます。(笑)不器用でもいいから、一つのことを一生懸命やりぬく人は、すでに「人間王者」ですね。ランさんも十分輝いていますよ。
2014年08月23日(Sat) 13:24
Re: 非公開でお願いします
編集
非公開様 私の地域でも確かにご指摘のような傾向はありますよ。幹部の方がどのような信心なのか、会員の方はよく見ています。役職と信心はまったく関係ないですね。役職=信心があると錯覚するとそこから信心がおかしくなります。もちろん立派な方もおられます。どうあれ、学会はすべての人が御本尊様、池田先生直結であり、共戦であるべきです。そして一人、立つしかありません。自分が立派に人間革命する以外、周りを変えることなどできないと思います。正直、先生以外に頼りになる人も信頼できる人もいない・・・それもまた学会の真実ではないでしょうか?
2014年08月24日(Sun) 23:53
はじめまして
編集
 はじめまして。ブログを拝見致しました。自分もか員です。項目に創価学会とあり、悪口(ネットで池田先生や創価学会のいわれなき悪口多く直接対話ではないので厄介で)だろうと(アメーバブログもアンチや宗門が多く通報しても野放し状態で辞めたばかりです。)聖教新聞の人間革命(求道)の内容と意見などがあり、参考にはなりましたがやはり学会や聖教新聞のことを記した理由だけでプチメや嫌がらせやブログ記事と関係のない~儲かるなど変なコメントをされることはありませんか。又学会ではなくとも障がいやメンタルのことを記しているユーザーがコメントを閉じなければならないということはありませんか。愚問かもしれませんが宜しくお願いします。
2014年08月25日(Mon) 12:44
Re: 非公開でお願いします
編集
非公開様 重ねてのコメントありがとうございます。非公開様に宛てた返信でしたので内容ご理解ください。御本尊様と池田先生に直結して、そこでみんなが平等であるように、組織も基本はそれでいいのではと思います。幹部さんが立派とか立派でないということではありません。どの幹部さんも桜梅桃李でがんばっておられます。ただ、幹部さんを求めていくのではなく、御本尊様と池田先生を求めていくことが要ですよね。そのための幹部さんだったり、指導だったりするはずです。その上で、平等を旨としてお互い尊重しあっていきたいですね。私の場合は総県長さん以下本部長さんまで、年下の2世、3世の方ですので、あまり幹部さんという意識がないのも事実です。組織ですので呼吸は合わせますが、普段は自然体でおつきあいしています。初心の方がいい幹部さんや先輩に恵まれて信心することはとても大切です。私もそうでした。その素晴らしい先輩に徹底して御本尊様のすごさを教えていただきました。それで私も今があります。
2014年08月25日(Mon) 20:31
Re: はじめまして
編集
光彩様 はじめまして。アンチや嫌がらせのコメントもたまにはありますが、自分で判断して削除なりで対応しています。私もカテゴリで聖教の悪口や学会批判を目にするのはとても悔しいです。でもネット、ブログの言論の自由ですのでそれはやむを得ないことです。時間的に制限があること、ネットでのやり取りは誤解が生じやすいことなどの理由で、人との関わりは多くなりすぎないようにしています。私の場合、自分がその時々に考え、言葉にしてみること・・・それがやってみたくてブログをやっているのかもしれません。(笑)光彩さんの気持ちはよくわかります。その上で、どうするか・・・ブログが自分のためによくないことだと思ったら、私もやめると思いますよ。
2014年08月25日(Mon) 20:49
とても感動致しました。
編集
毎回ここにきては、元気をいただいています。
素晴らしい青年の話を早速息子に伝えます。
夏から音楽隊で訓練を受けさせていただいております。
疲れた、と帰宅していますが、参加するごとに命がかわってきています。
さぁ次は次男も輪の中へ。


2014年08月31日(Sun) 12:14
Re: とても感動致しました。
編集
桜花様 コメントありがとうございます。長男の方は音楽隊ですか?素晴らしいですね。命が変わることが信心です。うちの子は今、反抗期で座談会も渋っていますが、そういう時も意味があると思っています。「手のかかる子供ほど立派に育つものだ」とは戸田先生の言葉です。(大白蓮華8月号巻頭言)私も今度生まれたなら、若き時から池田先生のもとで信心に励めるよう、立派に境涯革命を遂げていきたいと思います。公私とも多忙になり、最近、記事も書けませんがまたよろしければお寄りください。
2014年08月31日(Sun) 22:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30