広布の大河に君ありて tori

TOP信心 ≫ 誰にもあるよ「怨憎会苦」は・・・

誰にもあるよ「怨憎会苦」は・・・

 
 仏法には四苦八苦ということが説かれます。皆さん、ご存知のことと思いますが、四苦は生・老・病・死 、八苦はそれに愛別離苦(あいべつりく) 怨憎会苦(おんぞうえく) 求不得苦(ぐふとっく) 五陰盛苦(ごおんじょうく)の4つを加えたものです。

 どれも苦しそうですが(笑)、信心によってこれらの解決ができる、乗り越えて行けるということになっています。今、私でいえば「老」と「怨憎会苦」、「求不得苦」、「五陰盛苦」の4つを身に感じているところでしょうか?(多いなあ(笑))

老・・・これはどなたもやむをえませんね。心だけは青年で!

愛別離苦・・・愛する人と別れて生きる苦しみです。今はありませんが、これからまた出会うことになると思います。若い時には好きでならなかった人とも結ばれることはありませんでした。(アハハ)

怨憎会苦・・・嫌いで憎いと思う人に会う苦しみです。組織の中にどうしても好きになれない、傲慢な人がいましてね(笑)、その人と共に信心しなければならない苦しみ。

求不得苦・・・求めても得られない苦しみです。これはお金のことから、信心のことでも年中、様々ありますね。好きな人と結ばれない苦しみも、これに重複しますね。

五陰盛苦・・・身や心の五陰(色受想行識)の作用が盛んでありすぎたり、それへの執着が強いことによる苦しみ・・・難しいですが、生きること全般の苦しみにも通じています。


とまあ、人間革命していくための苦悩は、たっぷりとありますので、信心するには申し分ない(笑) 一旦は嘆くものの、この煩悩の薪(たきぎ)がないと幸福になれない。これらの苦しみを利用して私は成仏を目指すのです。

 一生懸命信心して、宿命転換しますと、例えば求不得苦(ぐふとっく)が不求自得(ふぐじとく)になると説かれています。漢文というのは一字違うとえらい違いです。求めずしておのずから得られるというのですからいいですね。 

 嫌いな人と一緒に生きる苦しみ、「怨憎会苦」で悩まれている人は多いですね。職場でも、いやな同僚、上司と一緒に働かなければならない、家庭内でも嫁姑、一緒に暮らさねばならない・・・この人さえいなければ、私は幸せなのに、かといって殺すわけにもいかない。(笑) 朝、起きるとまたあいつと一緒の一日かと憂鬱になる。そんな目の上のたんこぶのような人の一人や二人、どなたにもあるのではないかと思います。



itikawa1_R.jpg



 そこで、たいていは相手を悪く思います。これが厄介なところですね。向こうも同じことを思っている。これは何かあるたびにお互い憎悪が増していきます。日中や日韓など国レベルも同じことです。

 普段は冷静な人も、憎い人のことになると熱くなって、すぐに修羅や怨嫉をおこす。信心もどこへやら・・・仏界、菩薩界はあっという間に冥伏して、やっぱり駄目かとまた数珠を握りしめ、仏壇の前に座るわけです。相手が間違っていても、怨嫉すれば罰はこちらにもでます。それはまだいい方で、幹部なんかに怨嫉したまま、信心の冬眠に入る人がいます。

 いつの頃からか、さすがにこれでは駄目だと気が付いて、発想転換しました。相手のことを悪く思わない、悪口は言わない・・・自分が嫌いな人といなければならない宿命を転換するのだと・・・それからは「自分を治そう、自分だ、自分だ」と言い聞かせました。そうして題目に励みますと、妙法の良薬が自分の苦しいところに効くように感じられるのです。

 それと同時に、その人に対し、あまり苦しみも感じなくなりました。自分を治そうという祈りが、相手に幸せになってもらおうという祈りに通じていきます。これは不思議な感覚です。今まであの人さえいなければ楽しいと思っていたのが、いや、あの人にも幸せになってもいたい、(ちょっとくやしいけど(笑)) 「喜とは自他共に喜ぶなり」だから・・・なんて思ったりします。

  嫌いな姑さんが早く死んだらいいのに・・・そんな祈りは仏様の祈りにはない。自分には罰が出て、姑さんは余計に元気で長生きします。(笑) 祈りは絶対に叶うのですから、あの人と仲良くなろうと決めればそうなりますが、そう思えないときはそれが叶ってしまいます。どっちに思えるか、自身の境涯が反映されますね。

 相手が本当にひどい人だという時もあるかも知れません。でもそんなひどい人と、共に暮らさねばならない自分の宿業もまた深いのだ、と思えば一方的に相手が悪いということもないはずです。

 そんな心で信心に励むと、いつしか、自分の深い業を見せるために、嫌いな人が目の前に顕われてきてくれたことが良くわかります。本当に世界(依報)は自分の生命が、鏡に映し出されたものに違いありません。

 それがわかると信心がぐっと楽しくなります。信心があると自分次第でどうにでも開いていけます。 「嫁と姑の喧嘩も亭主の私の業だ、国の不幸に出会うのも私の業だ、嫌なあいつと生きるのも私の業だ、地区の人の宿業も自分のものなのだ・・・」と思えば、自分の題目ですべての宿命転換を祈っていくことができます。

 「人は皆、悩みの中 あの鐘を鳴らすのはあなた・・・」 (和田アキ子「あの鐘を鳴らすのはあなた」)これは私の好きな歌の一節です。

 衆生の悩みの中に入って、人々の生命の鐘を鳴らすのは、ほかでもない、きっと数多(あまた)の衆生に先駆けて妙法をたもった、あなたであり、私に違いありません。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


Comment

編集
漢文というのは一字違うとえらい違いです。
って あったけど
無学は 仏法では 学が無いではなくて 学を究め尽くしてもう学ぶことが無くなった 聖者の事なんですってね
そんな人いるのかな?

すべては 善知識 そう捉えればいいって事ですよね
素晴らしい信心
私も見習います
2014年10月30日(Thu) 23:29
Re: タイトルなし
編集
ちよさんへ

素晴らしい信心などできておりません。それを目指しておりますのでよろしくです。

無学の反対は有学で、これはまだ学ぶべきことがたくさんあるということになりますね。私は大有学のほうです。

それより、明るく、楽しく、元気に生きていけるほうがいいですかね。そこに知識は少なくても生きるための智慧が輝いていくように思います。
2014年10月31日(Fri) 07:04
Re: タイトルなし
編集
ENG様

信心は一人一人が主体者になって、人間革命していくところに、素晴らしさと醍醐味がありますね。おっしゃる通りだと思います。自分を見つめて自分が変わる・・・それは人に感動、波動となって伝わります。そして環境をも変えていけると思います。「まずは自分が変わろう!」それが信心の合言葉です。(笑)
2014年10月31日(Fri) 07:21
編集
いやいや 王者さんは 素晴らしいですよ

そうですね
先生の言葉
「世界を変えたければ 人間を変えろ
人間を変えたければ 自分が変われ
自分を変えたければ まず 変わると決めることだ」
だったかな?
人間革命の信心ですものね
2014年10月31日(Fri) 07:33
抜苦与楽
編集
生活闘争や病気や人間関係や・・・
日常これ何処でも「四苦八苦」する人が
巷には溢れている。

その苦の因は何か。
釈尊の思索はそこから出発しているんですよね。
そして、我が命を見つめに見つめて、
その答えを見つけました。

余りにも凡人には思議し難い生命の実相と因果。
「不可思議の法」をどう説けばいいか。
苦悩する民衆の「抜苦与楽」のために、
衆生の機根に合わせた巧みな比喩を用いながら
釈尊は、説法の旅に出る。

悟りを得た直後の釈尊は、その法悦に浸りながら
そのまま死を迎えたいと思ったと、初期経典には
書かれています。
余りにも説明することが困難なその悟りを、
それでも衆生に伝え、彼らにも悟りを得せしめ給え
という「梵天の声:梵天勧奨」が、
釈尊を突き動かしたといわれています。

その悟りの究極・根本法を大聖人は
「南無妙法蓮華経」と名付け、顕されました。

「四苦八苦からの根本的な解決。
まさに、そのために仏法はあるのですよね。
2014年10月31日(Fri) 08:48
Re: 抜苦与楽
編集
福島の壮年さん

釈尊の事跡は勉強不足で、いろいろご教示ありがとうございます。私たちもわが身の宿業と共に、三障四魔の煩悩にも悩まされますね。この身を焼き尽くさないと、それらは滅尽できないかと思われたところに、法華経が説かれました。時は悪世末法です。煩悩を転換して絶対幸福を勝ち取る。まさに凡夫のため、庶民のための日蓮仏法ですね。そして最後は「死」の解決です。その時にはお金も地位も役に立ちません。お互い、悠々と生死を越えていけますよう、精進に励みたいものです。
2014年10月31日(Fri) 10:14
Re: タイトルなし
編集
え〇様

その通りですね。頭では分かっても命で分からない・・・最後は題目しかありません。唱えぬいていくと何かが開けます。現実には難しい人ばかりですよ。でもそれは表層的な見方かもしれない。自分にとって深い意味がある。一筋縄でいかない人ほど、自分に信心を教えてくれる。私も地区の責任者として、多くの冬眠者を抱えています。(笑)その凍てついた心の扉を、太陽の暖かさで溶かす思いでやっています。もちろん時には投げやりになりますよ。(笑)でもまだまだ自分の信心が足りない・・・いつもそう教えられることも事実です。
2014年10月31日(Fri) 10:28
Re: 福島の壮年さんへ
編集
あべひ様

コメントは福島の壮年様に対するもので、この記事とは直接関係のない、他所での発言に対するもののようです。私のところでは扱いかねますのでどうかご了承願います。
2014年10月31日(Fri) 15:37
編集
一生成仏抄に自分の外に妙法があると思ってはいけない。すべての源は自分にある。隣の人の財布のお金を数えても自分の懐は豊かにならないのと同じで嫌なこと辛いことを他人のせいにしてはならないとありますね。嫌な人と会わなければならない自分の宿業をみつめ、題目で転換できることになります。題目二百万上げて、やっと、その事がわかるようになりました。
2014年10月31日(Fri) 22:34
Re: タイトルなし
編集
うるとらまんさん

私も「一生成仏抄」は大好きな御書です。人の心配はしてあげていいけど、人をうらやんだりすれば、自分を下げてしまうことになりますね。

うるとらまんさんは南国の太陽のように、人を憎んだりせず、どなたとも仲良くできるように思いますが、いかがですか?

人一倍、煩悩が多いということは、転換した時の幸せも大きいのだと、そう言い聞かせて私もやっています。共に明日をめざして前進、前進!
2014年10月31日(Fri) 23:35
了解しました
編集
誰にもあるよ「怨憎会苦」。

王者の剣さんのように。、理解をしようとされるのはやはり経験を
克服されているからだとおもいます。
でもいざ、自分の事や近しい人のかかわることになると、感情論で排他的に
なってしまうケースもありますね。
2014年11月01日(Sat) 00:01
Re: 了解しました
編集
あべひさんへ

了解ありがとうございます。私もつい感情がでたり、現場でも「こんなにあなたのことを思っているのに、どうしてわかってくれない?」と思う人がいます。何年も訪問し続けて、座談会にも来ていただけないと、そんな気持ちにもなりますね。でもそれで相手を見捨ててはいけない。その人はそうやって地区部長として、もっと粘り強いあなたになりなさいと私を鍛えてくださっている気がするのです。

 その方が先ごろの支部総会に何年ぶりかに顔を出してくださったんです。うれしかったですね。その人を善に理解していく、ほめたたえていく、励ましていく・・・自分がそうなることがいつも大事だと思います。信心は功徳も大事ですが、現場で苦労する、そのことが何より宝です。そしてそれは排他的な心、ひ弱な自分との絶え間ない戦いです。
頭で考えたようにはうまくいかない・・・信心はいつもそこからですね。終生、励ましの人であるよう精進したいと思います。

2014年11月01日(Sat) 16:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31