2018
06.23

S君の入会

Category: 徒然の記

 創価学会では6月17日の日曜日に、全国で一斉に教学任用試験が行われました。近年は未入会の方の受験も多くなり、任用試験に挑戦することにより、自然と日蓮仏法や創価学会の信心について学ぶ人も増えました。ふだんの折伏や仏法対話ではここまで教学的な話はしませんので、これは「理」から仏法を知りたいという人には、うってつけの良い機会です。

 私も今回、6名の方の受験をお世話することになり、毎回一時間半の勉強会を6回にわたり担当させていただきました。未入会の方が2名おられ、上は70代から下は10代の高校生まで、我が家の仏間で額を寄せ合っての勉強会となりました。

 そんな中、前の記事で書きました未入会の高校生S君も、最後まで休むことなく勉強会に参加。この勉強会を通じ、私も彼を入会に導きたいと思っていたこともあり、なんとしても彼の仏性を呼び覚ましたい・・・その一念で面倒を見させてもらいました。



IMG_5766q.jpg



 試験当日、S君ともう一人別の婦人の方を送迎。会館へ向かう車中、あれこれ予想問題をやっていた二人でしたが、S君に「どうや、この機会に学会に入会しようや」と話をしますと「うーん、どうしようかなあ・・・」との返事。

 ちょうどその日は任用試験終了後に別の高校生が入会勤行会を受けると聞いていましたので、私も最後のひと押しと腹を決め、再度、「さあ学会に入ろう!」と言いましたら、「ハイ、いいですよ」と今度は素直な返事・・・・私も「やったあ!」との思いでしたが、そこは冷静を装いつつ(笑)、「そうか、それでいい、良かった良かった。」と応じました。

 会館ではその報告を圏長はじめ男子部のみんなも喜んでくれ、すぐに入会の手続き。任用試験を30分で出てきた高校生二人を中心に、圏長の導師で速攻で入会勤行会となりました。

 本部の正副婦人部長、支部婦人部長などもお祝いに駆けつけ、入会決意から2時間後の入会です。その間、あわただしい我々とは別に、終始、物おじせず涼やかな顔のS君・・・「この子なら大丈夫や」と、私は思いました。

 最後に圏長があいさつに立ち、「君は大学行くんかな?そうか就職か?・・・いずれ君らも経験するからおっちゃん言うけど、社会に出たら、挫折挫折の連続や。これはほんまや。なんでうまいこといかんのやいうことばっかりや。そやけどこの信心してたら、絶対に負けへん。あとになったら苦しかったことがすーと楽になって良かったなあと思えるようになる。みんな頑張らんでええ、遊びたいときは遊んでもええ。その代わり学会から離れたらあかんよ。今日はほんとにおめでとう!」・・・まあうちの圏長は大らかな苦労人。いつもこんな調子で、高校生二人も笑っておりました。

 今回、S君を任用試験に誘いましたが、試験を受けてもいいと彼が言った時から、私はS君が入会への道を歩き始めたことを感じていました。それが本当に入会が現実のものとなり、私もS君の仏縁の深さに改めて感動しています。任用試験で日蓮仏法を学んだことによって、17歳で法華経の門をくぐり入会を果たす・・・これはまことに順縁の入会ですね。

 もちろん私も相手によっては、20年来対話しても、学会を信じようともしない人が何人もいます。先日も誠意も虚しく、辛らつに悪口されて帰ってきました。それも折伏であり、下種に変わりはありません。悲観することなくやっていれば、S君のような子にも出会えます。

 御本尊様との仏縁は人それぞれです。どの人にも深いドラマ、因縁があり、実に不思議なものです。そうした様々な人の人生にかかわって、幸福へのお手伝いをできることは、私の最も喜びとするところです。

 7.17を目指し、支部ではブロック2の弘教をすでに突破、本部ではあと4世帯で目標を達成です。私もさらなる折伏の戦いをもって、地域の先頭を走ってまいります。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




Comment:1  Trackback:0
2018
06.14

メダカと衆生所遊楽

Category: 徒然の記

 我が家では長年、古い火鉢や丹波焼の甕などに白メダカや赤メダカを飼って楽しんでいます。メダカがのんびりと泳いでいるのを眺めていると、どこか心も涼やかに癒され、目の保養にもなります。世話とお金がかからないことも、私の家庭向きです。

 先日もしばし眺めていますと 「メダカだってこの世に遊びに来ているんだ」と、そんな思いが心に浮かびました。それと同時に「遊ぶ」と言う感覚が、最近の自分には少し欠けていると思えたのです。何かと目まぐるしい日々を過ごしていると、どこか追い立てられて生きる癖がついている・・・「もっとゆっくり楽しもうよ」と、珍しくその瞬間、思ったものです。

 仏法にはどなたもご存知のように「衆生所遊楽」との言葉があります。 法華経寿量品の自我(じがげ)には、皆さん毎日読誦されている、「園林諸堂閣(おんりんしょどうかく) 種種宝荘厳(しゅじゅほうしょうごん) 宝樹多花菓(ほうじゅたけか) 衆生所遊楽(しゅじょうしょゆうらく)」と何ともリズミカルで楽しい言葉が連なって出てきます。


IMG_9237q.jpg


 戸田先生はこの経文について、「人間は楽しむためにこの世に生まれてきたのです。苦しむため に生まれてきたのではないのです。これが法華経の人生観の根 本です。 (中略)なんだかんだ、嫌なことがあっても、お汁粉に少々、塩が入ってかえ っておいしくなるみたいに、面白く感じる。 人生に愉快を感じる。 こういう大生命力になりますよ、という経文です」と。

 「法華経の人生観の根本」が「楽しむ」とはうれしいではありませんか。これが「苦行」なんて説かれたら、私など撃沈です。(笑)おまけに日本人はどこか苦しみに耐えることがいいことであるような精神風土で、笑って楽しむことを軽薄に思う風潮が強いですね。
 
 いつも文句や愚痴が先に立って、人を批判したくなるようでは、その人自体、魅力がないと思います。人を素晴らしいと思えるようになれば、自然と楽しいし、相手を生かしてあげることができる。そうなることが「人間革命」だと思います。人間革命することが本当の「楽」であり、日々の学会活動こそが私にとってその源泉です。

 私も数年前まで、「組織は面白くない」とか「あの人はダメだ」・・・とか、偉そうにそんなことばかり思っていました。そんなことをやっていれば、「還著於本人」でそのうち自分が腐ってくる・・・(笑)それでは法華経の心に反します。そんな自分は生命があたかも塩でできた饅頭のようで、きっと人からも好かれない。

 それが信心に励むにつれ、ある時から程よい甘さの饅頭に変じていく・・・人が見て「うまそうだな、どれ一つ食べてみよう」となれば、それが福運でしょう。商売をやっても勤め人でも人に愛されなければ、繁盛も出世もできません。そして自分が愉快で楽しければ誰しも生き生きとしてくる。私などまだまだしょっぱい方なので、いよいよこれから信心に励もうと思います。

 法華経の信心は大いにその人の個性を伸ばし、朗らかに伸び伸びとした方向に向かわせるものではないでしょうか?その中で人は輝き成長していくに違いありません。「自分を信じてやりたいようにやってごらんよ」と言ってあげれば、人は思いもかけない力を発揮し、未知なる世界の扉を開けることができます。そこに個性の花開く「衆生所遊楽」への道があると私は信じます。

 煩悩は多いけれどやっぱりメダカに生まれるよりは人界に生まれ出て、この仏法に出会う方が数万倍いいに違いありません。我が家のメダカの命もいつの日か人界に出て、仏法をたもつ日が来るでしょうか?「メダカさん、この世を楽しむんだよ」とそんな思いで私は今日もメダカを眺めています。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


※「所遊楽」の文字が一部で「所有楽」になっており、訂正いたしました。(6.14)
Comment:2  Trackback:0
2018
05.24

S君の任用試験

Category: 徒然の記
 
 
IMG_8998d.jpg



 学会では任用試験の受け付けも終わり、日曜日の夜には支部で勉強会を開始しました。3地区の支部ですが、受験者も11名と当初の目標を大きく超えました。私も壮婦の皆さんと共に、受験者の方のお世話をさせていただきます。

 今回、私が受験を勧めた中に高校生のS君がいます。3人兄弟ですが、両親が離婚し、事情があってどちらの親とも離れ、今は兄弟一緒におばあさんの家で生活しています。

 おばあさんは学会員ですが、御本尊様を安置し聖教新聞をひく以外、活動はされません。S君は未入会ですが、いつも家で寝転んでゲームばかりをしています。そこで、「ゲームもいいけど信心はもっとええよ。任用試験いうのがあるんやけど受けようや」と声掛けしたら、思いがけず「受けてみようかな」と返事をくれたのです。仏縁と言うのはどこに落ちているかわからないものです。

 先日の勉強会も迎えに行きますと、「ハーイ」と言って元気に出てきてくれました。勉強会を始めてみると、さすがに現役の高校生・・・ものの飲み込みも早く、態度も素直ではありませんか?おまけに隣の壮年に親切に教えたり・・・「思った以上にいい子やな」と思えるのでした。

 家庭環境だって決していいとは言えないのですが、「この子が信心に目覚めれば面白いなあ・・・この子の命を妙法で磨けばどうなるやろ?」などと、私の心にむらむらとした思いが起こってきます。(笑)「また今日から祈る人が一人増えた」・・・そう思いながら、勉強を進めておりました。教学の勉強会即折伏の場となるなんてすごいことです。その意味で会友さんの参加はとてもいいことですね。

 初日は、壮婦各1名とS君の3人と少なかったのですが、日曜の夜、田んぼでゲコゲコと鳴くカエルの合唱を聞きながら、ともどもに日蓮仏法を学びゆく・・・・(笑)思えば不思議な光景です。しかし決してこれは偶然ではない、約束された光景なのだと私には思えます。S君はこの勉強会できっとしっかりと幸福の種を、下種される運命をもって生まれてきたのでしょう。

 ありがたいことに私は信心が楽しくてうれしい境地になりました。言われなくても自然と広宣流布の活動へと命が向かいます。ほとんど毎晩、学会活動がありますが、お題目を根本とした集いは、世の中で一番輝かしい集いだと思えるようになりました。

 学会活動が楽しくて充実している・・・「信心即生活」ですのでそれは生活にも反映します。仕事に生活に躍動的でハリのある世界が広がっていくのです。歓喜と感謝の命で生きていけるから、いろんなことがうまくいきます。自分が清らかで楽しい命へと変わっていける、題目はまさに「変毒為薬」の力に満ちているのです。

 聖教新聞22日付の「池田先生と共に新時代を進む」(29)には「信仰の世界に入るのではない。信仰の世界に出るんだよ」(牧口先生)すなわち正しい信心とは、狭く堅苦しい形式に閉ざされることではない。苦しみの流転を断ち切って、心も広々と、歓喜と福徳の世界へ自由自在に羽ばたいていくことなのである」との素晴らしい一文が記されています。

 「今日も地域の先頭に立って、広布の大道をみんなと楽しく歩いていこう!」それが私の生きる原動力です。

 心は広々と自由であり、信心が強ければ、自分を遮るものもない。自在に夢に向かって、翼を広げることができる・・・そんな豊かな心になって、私も使命の大空を舞いゆきたいと思います。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ


Comment:6  Trackback:0
2018
05.12

Tさんの生還

Category: 徒然の記

 Tさん(婦人部員)と初めて出会ったのは、私が東京にいた今から30数年前、私が27歳で創価学会に入会したころのことです。ある日、八王子であった学会の会合に、創価大学の学生の人たちが数名参加しており、その中にTさんがいました。彼らは創大のある同好会の仲間でしたが、その会合の中で、それぞれ自己紹介となり、Tさんが実は私の高校の後輩だとわかったのです。

 広い東京である日、出会った人が、地方の小さな田舎町の同窓で、しかも宗教のささやかな会合の場というのも奇遇であり、私はとても驚きました。彼女は明るく聡明で、その頃の私は病み上がりのような薄暗い顔をしていましたので、Tさんのことがひときわまぶしく見えたものです。

 その後、創価大学を卒業したTさんは故郷に帰り、数年後、私も父が亡くなったため故郷へと帰りました。Tさんと同じ地域ということもあり、彼女の自宅を訪ねていったこともあります。Tさんは女子部のリーダーとして、多くの部員さんからも慕われていました。私にとっても彼女の存在は、男女という意味でなく、何か特別な因縁を感じさせる人であったと思います。



IMG_8924q.jpg



 それから2.3年のうちに縁あって、Tさんは他県へと嫁いでいかれました。結婚されたので、私も今までのようなお付き合いは遠慮しましたが、彼女なら創価のリーダーとして、あちらでもりっぱに活躍されるだろうと信じていました。

 ところがある頃から、年賀状もこなくなり、電話をかけても出る気配もなく、実家のお母さんに尋ねましたが、口ごもって話をしてくださらないという状況になったのです。

 こちらも心配するだけでいたずらに月日が流れたのですが、そのTさんが先日、突然、私の事務所にやってこられました。それは20数年ぶりのあまりにも唐突といえる訪問でした。

 「やっと会いに来れましたあ!」そう元気に扉を開けて入ってきたTさん・・・その顔は明るく、私は60代、彼女も50代と年は重ねましたが、20数年の空白が瞬時に消えたかのように、昔と変わらないTさんがそこにいました。

 そこで初めて、これまでの事を聞かせてもらったのです。Tさんの体験ですので私が詳しく書くことはしませんが、3人の子供を産んで、その子たちが成長するにつれ、本人にも子供にもそれぞれある病が顕現し、一家で壮絶な戦いを10数年にわたり余儀なくされたのです。

 私は彼女が病と闘い宿命の坂を超えたこと、最後まで自分に負けなかったことを知りました。主人と子供を抱えての闘病生活は、一家にとってどんなに大変だったか・・・それでもこうして、明るい笑顔の人となってここに戻ってこられた。それはまさに「生還」という言葉がふさわしいと言えるものでした。

 彼女に出た宿命の意味を私がどうこう言うことはできませんが、Tさんが「一生成仏」するために越えねばならない魔の試練であったことは確かだと思います。そしてその試練を乗り越えることにより、今まで以上に芯の強い人になられたと感じました。

 彼女と初めて会った若き日のことを、私は今でも鮮明に覚えています。それから30年以上経ち、お互いそれぞれの道を歩きましたが、今、苦しみを乗り越えた彼女と出会ってみると、何も変わっていない・・・「彼女の生命はいつも仏なのだ」・・・ 私にはそう思えるのです。

 妙法を信じ、菩薩の心で愛する人々に題目を送る・・・それは肉眼には見えない世界です。しかし、命の奥深くで結ばれた人と人が、時空を超えた世界で交流する清らかな仏の世界でもあります。汚れた私の生命にもその世界があります。そうした深い仏縁、出会いは、いつの世にも妙法で結ばれた「眷属」となって、自分の人生に現れるものでしょう。

 「会いに来てくれてうれしかった。Tさんが元気になって良かった!」・・・その事を御本尊様に感謝申し上げながら、「一番苦しんだ人が一番幸福になる仏法なんだよ」・・・そう笑顔で彼女に語りかけている私です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

※先日もある方からお問い合わせいただきましたが、当ブログの記事の転載、他所での利用はすべてお断りしていますのでよろしくお願いいたします。
Comment:12  Trackback:0
2018
04.19

原田会長の指導を読んで

Category: 徒然の記

 4月14日付の聖教新聞には全国総県長会議での原田会長の指導(要旨)が出ています。私もその記事を読んで、私なりに思うところがありました。(文中、青字は原田会長、赤字はその中の池田先生の指導です。)

 一、2010年6月、本部幹部会の前夜、池田先生から大変に大切なご指導がありました。
 「明日の本部幹部会については、弟子の君たちが、団結して、しっかりやりなさい。皆が、創価学会のすべての責任を担って戦う時が来ているのである。学会の将来にとって、今が一番大事な時である。
 ゆえに、私を頼るのではなく、君たちが全責任をもって、やる時代である。
 私は、これからも君たちを見守っているから、安心して、総力を挙げて広宣流布を推進しなさい」
――

 これは池田先生が表舞台に出られなくなった時のお話かと思います。私は先生が表に出られないのは、学会の未来のことを考え、訓練の意味もあり、弟子たちの力を試しておきたいというお考えではないかと当時から思っていました。「私を頼るのではなく、君たちが全責任をもって、やる時代である」との言葉はまさにそのことを指していると思います。

 先生が最後まで表で指揮を取られていて、ある日突然去っていかれるようなことがあれば、世間もマスコミも大変な騒ぎになるでしょう。また学会や会員の動揺もきわめて大きいに違いありません。しかし、ここ数年出られないことにより、御長寿であっていただきたいのはもちろんですが、私たちもいつかその日を受け入れねばならない。ならばいつまでも先生に頼らずに、自分たちが責任をもってやっていく時がきているのだとの覚悟を持つのは当然のことです。一方、世間やマスコミに対しても今、出てこられないことが、万一の時の緩衝材の役割を果たすと思います。

 「弟子が団結をする」
 「弟子が全責任を担う」
 「弟子が師匠に頼らない」
 この3点こそ、池田先生が教えてくださった、「学会の将来にとって一番大事な時」の根本姿勢であります。


 「君たちを信頼しているから、もう私を頼らずにやっていきなさい」との思いが池田先生が当時、会員に伝えたかった心情だったと私は思っています。

 先生のお言葉からも、先生が今の学会に全幅の信頼をおいて、見守っておられることがわかります。池田先生と現執行部の考えが相反しているといったその手の記事は、この言葉でいい加減なものだとわかるでしょう。池田先生という大指導者が、晩年ともいうべき時において、後事に遺漏(いろう)などあろうはずがありません。綿密に智を尽くされたものであったと思います。

 この数年、取り組んでまいりました、教義条項をはじめとする「会則改正」も、世界教団としての根本規範たる「会憲」の制定も、全ては池田先生のご構想を弟子が実現しゆく戦いであり、だからこそ一つ一つ、全て先生にご指導を仰ぎ、ご了解をいただきながら進めていることは言うまでもありません。
 それは、「私は、これからも君たちを見守っているから、安心して、総力を挙げて広宣流布を推進しなさい」とのお言葉通りです。
 にもかかわらず、師のご構想を具現化する戦いを、自分勝手なエゴで妨げようとするならば、破和合僧(はわごうそう)というほかありません。

 ネット上でも時々話題に上りました「会則の改正」等の教義改正が、すべて池田先生のご了承のもとで行われたことを断言されています。公式に原田会長が、こう言われたのは初めてのことではないでしょうか?「幹部が勝手に改正したのであって、それは池田先生の心に反している」等の一部の人の考えも、勝手な妄想であったということです。「会則の改正」当時、これは池田先生のお考えと一致しているだろうか?と、思った方も多いと思います。私も当時、その点を知りたいと思った一人ですが、今回の指導でそのことがより明確になりました。

 結論として、今日までの流れはすべて池田先生のご構想であったということです。そしてそれを原田会長以下、学会をあげて、池田先生の指導を仰ぎながら、忠実に具現化してきたということです。聖教新聞紙上でそのことを断言されたことは、会員にとって大変良いことであったと思います。

 魔というのは自分勝手な己義を構えて、和合僧を分断させるということが目的です。もっともらしい理屈をもって、会員の不信を喚起させ、師匠や学会と会員をかい離させる・・・それこそが魔の常とう手段でしょう。魔に魅入られた人は自身が魔にたぶらかされたとは気が付かないものです。それに対峙する人が見破る以外にありません。

 いずれにしろ、学会は大変革の時を超えて、誰に気兼ねすることなく、自由に広宣流布に前進しゆく時を迎えました。それはまさに「発迹顕本」というべきであり、池田先生の御一念によって切り開かれた新時代だと思います。

 戸田先生には池田先生という、本物の弟子がおられました。池田先生の弟子にそれに匹敵する立派な青年がおられるか、それは私にはわかりません。しかし志のある創価の丈夫が連帯していけば、これだけの世界的人材群です。創価学会の新時代を築くことは必ずできるものと確信いたします。「私はやりきった、これで盤石だ」との思いが先生には必ずおありだと私は思います。

 池田先生は常々、「各人がその地域で勝利しなさい」と言われています。後継と言っても、足元で勝利することが一番であり、一人一人が信心で幸福になることだと思います。私も地域、地元で実証を示しつつ、学会同志の方々と「異体同心」の団結でやっていきます。先生が作ってくださった新時代のステージで、最後まで学会員として、後継の道、師弟の道を歩みぬく決意です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



Comment:8  Trackback:0
back-to-top