FC2ブログ
2020
07.29

運命の人との出会い

Category: 徒然の記


 コロナがいつまでもこの国を苦しめています。安倍さんにも小池都知事の声にもどこか覇気が感じられない。政治は人々を勇気づける声を持たねばならない、しっかりとリーダーシップを発揮してもらいたいものです。

 今日は少し私の思い出話をします。

 私は信心して間もなく、というよりすぐにといっていいかもしれません..信心の本当の功徳とは「一生成仏」であることを知りました。
20代後半の入会ですが、その頃はお金も欲しければいい仕事にもつきたい、できれば結婚して家庭も持ちたいと、人並みにそんなことは思っていたと思います。しかし、心の底では、何か生きる上での確かなもの、自信をもってこれだと言えるもの・・・今なら哲学というのかもしれませんが、力強い何かを求めてもがいていたのも事実です。




IMG_1292a.jpg




 そんな時に、友人が先に入会し、私は彼から折伏を受けました。そしてその彼の案内で私の一生を決定づけるある初老の方との衝撃的な出会いに遭遇したのです。もうかれこれ40年近くも前のお話です。

 ある夜、その友人の誘いで、八王子だったか福生だったか、学生のアパートのようなところに連れていかれました。部屋にはその方と数人の学生らしき青年が談笑していたように思います。その部屋の隅のソファにその方は座っておられました。

 たぶん紹介されたと思うのですが、私はその人と目が合った瞬間、まるで電流でも走るような不思議な感覚に襲われました。とにかく熱いというか、輝いているというか、その方から出ているオーラが半端ではなかったのです。

 私はその生命力というか存在感に圧倒され、「まるで頭から湯気が立ち昇っている」「この人はとんでもない何かを知っている」とそれこそこちらの心臓がバクバクいうぐらいの衝撃を受けました。と、同時に不思議にある懐かしさ、温かさをも感じたのでした。一言二言、何かを聞かれたように思いますが、圧倒されて何を話したか今では覚えていません。

 まあ、人との出会いでこれほど驚いたことはありません。その方は私の顔をまじまじご覧になったのですが、私はその眼光の鋭さに目を合わせることができませんでした。自分の善悪すべてを見通されていると感じて震えたのは、後にも先にもあれが最初で最後です。

 それから数年にわたり、その方がお亡くなりになるまでお付き合いがあったのですが、組織とは別に学生のアパートで、その方を囲んで週末には集まるというふうでした。その時のお話は長くなりますので書きませんが、とにかくその方と出会わなければ、今の私はなかったと思います。もちろんここまで信心を続けていたかもわかりません。

そういう意味ではこの人生で誰と出会うか・・・それは大きな大きな意味を持っているものです。

「題目を良く上げるんだな」
「池田先生についていきな」
「あんたが自分に勝つならすごいことになるよ」等々・・・口数は少ない人でしたが、一言一言に重みがありました。

 そしてここぞという時に生命に楔を打ってもらいました。たくさんの言葉が私の生命に刺さって、今なお信心が危ない時に詠みがえってきます。そして不思議なことにその時言われたことが、「このことだったのか」「あの時、言われた通りだわ」と空恐ろしいぐらいに当たっているのです。

 私自身はその方が生きながらに「一生成仏」を果たされていたことを確信しています。入会は40代後半と遅かったとお聞きしましたが、毎日、3時間のお題目を数年、個人折伏も100世帯を超えておられました。「15年もやって確信がつかめないようじゃ駄目だ」とも言われていました。

 その方のおかげで私は自分が仏だということを深く信じてやってくることができました。またその人に会えたことが初心の功徳でしたし、振り返れば今までで一番大きな功徳だったと思います。なぜならそのおかげで、さまよえる子羊同然の私が、広宣流布と一生成仏の世界に生きるようになれたのですから。

 今、私も溌剌と歓喜の生命で生きる身となり、この道を進めばすべて大丈夫という確信で生きることができます。その意味でその方への感謝の思いが尽きることはありません。

 その方が旅立たれてもう30数年たつのですが、毎日お顔を思い出さない日はありません。この方とは来世もきっとお会いすることになるでしょう。それほど私にとって縁の強い人だと思います。今度はちゃんと目を合わせられるように、こちらも負けない仏の眼光を備える身となって「お久しぶりです。前世ではお世話になりました。その後、お元気でしたか?」と笑って声をおかけしたいと思います。





Comment:0  Trackback:0
2019
12.27

この一年に感謝を込めて・・・

Category: 徒然の記

IMG_8408a.jpg



 2019年もいよいよ押し詰まり、皆さまも慌ただしく年末をお過ごしのことと思います。今年も『広布の大河に君ありて』を訪問していただきありがとうございました.。多くの方に訪問していただき、そのことに励まされつつこの一年続けることができました。

 もし私が地道に学会活動をしていなければ、また池田先生との師弟を根幹に信心していなければ、おそらくブログはやっていなかったと思います。なぜなら、「師弟」のない信心をする人が信心の話を書いても、あまり世の中にいい影響を与えないというのが私の考えです。

 実は私も昔は組織が苦手で、活動には渋々という時期もありました。今、男子部時代から学会でやっていた人たちが、県長や圏長などの組織の中核におられます。その方々は男子部時代の信心が、壮年になって信頼や福運に結実しているように思います。ところが私は若いころにさぼっていた分、あとあと苦労をしました。最近になって錆び付いた命にやっと信心の油が回ってきたのか、遅まきながら60代になって生命に活気が増してきました。稲で言えば私は相当な奥手です。

 こんな私が学会から離れずにやってこれたのは、ある意味不思議なことです。過去の宿縁か、はたまた仏様の憐みか・・・周りの友人の多くが法華講に行った中、私は学会に踏みとどまり、異体同心の組織に身を投じたことで三世の苦海に沈まずにすみました。それどころか太陽の光が降り注ぐ幸福の大道を歩かせていただけるのですからありがたいことです。



DSC00351a.jpg



 この一年、私の心に常にあったのは「師弟」ということでした。入会して何年も池田先生が雲の上のような人としか思えませんでしたが、ある時、学会に池田先生にすべてを賭けてやろうと決意した時から、少しづつ生命に変革が起きました。それは自分の我を折って創価学会という大きなギアに合わせて生きていこうと決意したのであり、その時から私も人間革命の軌道に載ったものと思います。

 その決意から始まった信心が、今年は一つ結実した感があります。信心が深まるということは「師弟」「師弟不二」という世界により深く入っていくことだと思います。このことを知るのに私は30年もかかっているのですから、度し難い衆生です。池田先生は戸田先生とお会いになって即座に「師弟」を悟られ、ほどなく「師弟不二」の生命を覚知されたのでしょうから、本当にすごい人であります。妙法の根幹をなすのはまさしく「師弟不二」であり、そこからつつがなく仏の智慧も流れ通い、今日の世界広宣流布の基盤を完成されました。

 信心をしていきますと、玉ねぎの皮を剥くように、だんだんと本当の自分の核が現れていきます。カメラに例えれば、ぼやけていた光景がピントリングを回すにつれ、すっきり見えてくるようなものです。長年、暗い谷底に落とされ、仏という鉱脈を求め泣き泣きさまよっていたのが、「これだ!」というものに行き当たったのでしょうか。そこへ行くまでが大変でしたが、お金には代えられない「宿命転換」ができたと喜んでいます。

  「宿命転換」にも様々あるでしょうけど、私が感じる宿命転換はすべての不幸を転じて幸福になるというものです。何をやっても不幸に向かう生命が、何があっても幸福に向かっていく生命になる・・・それはまた自分のために生きる「自利」の生命から人のために生きる「利他」の生命への変革だともいえると思います。ともあれどんな時も御本尊を信じ、「すべてに意味がある」と言い聞かせ、一歩も引かずに前進し続けたことがよかったに違いありません。

 私もようやく仏様の家の門のあたりにたどり着いたのでしょうか?門がわかったら後は門をくぐり、仏様の大邸宅に入っていこうと思います。仏の家に住むようになれば私も仏の家の人であり仏です。その代わりしっかりと使命を果たさなければなりません。たっぷり水を含んだ綿のように、煮えっぷり、燃えっぷりの悪い私ですが、仏となれば命も乾き、燃え上がる時を迎えるだろうと確信します。

 信心は確信をもってやればいくらでも進んでいける世界です。「お金や名誉はないけれど確信だけは日本一!」どんな時もその心意気でやろうではありませんか!

 どうか皆様も良いお年をお迎えください。学会創立90周年、去りゆく年に感謝を捧げつつ、私も新たな決意で新たな年を迎えてまいります。

 訪問されます方々のご健康、ご多幸を祈りつつ、また明年お会いしましょう!





Comment:0  Trackback:0
2019
12.12

常在戦場

Category: 徒然の記


 12月も半ばとなり、少しづつ今年も押し迫ってきました。私も昨日は新年勤行会の案内などを以て会員宅を訪問しました。とはいえ座談会もありますし、私は年末になってもまだ目標に向かって戦っている最中で、年内折伏の決着をつけたいと思ってやっています。

 「未曾暫廃」(みぞうざんはい・未だ曾て暫も廃せず)、「毎時作是念」(常に自ら是の念を作さく)と仏は片時も休まず、広宣流布に生きておられるように、私もそう生きたいものだと思います。それが自分の道であり、本望であり、今はいよいよそう生きていく自分となってきました。「常在戦場」・・・戦いゆくその心あれば今の姿は立派でなくても、未来は開けてとても明るいものです。

 昨日も本部が新体制の元、出発式を行い、折伏の結果を出そうとみんなで決意いたしました。会合後も幹部が残り、一つづつ下種先や入会の可能性のある家の確認を行いましたが、私も三名の方の入決について同志の方に相談をいたしました。皆さん、真剣で本当に立派なリーダーの方たちです。その人たちのことを昔は「この人は今一つ」「あの人はここがどうも」などと見ていたこともありましたが、最近は皆さんが自分よりも素晴らしい人に見えて、「どの人も仏の使いの方々」と思えるようになりました。それだけ私も変わり、皆さんも人間革命なされたのだと思います。



DSC00193a.jpg




 信心は行き詰まれば題目ですので、折伏にしても策や方法ではないと思います。入会に導きたいと思えば相手の幸福を御本尊に祈るしかありません。その志と実践の中に必ず結果が出ることを確信します。

 題目に挑戦している人には行き詰まりはないというのは本当ですね。唱題会に勇んでくるような人はやはり輝いておられますし成長されています。どんな苦しい立場にあっても、「題目しかない」と挑戦する人こそ、信心が進んでいる人と言えないでしょうか?「進まざるは退転」ですので、題目に挑戦しない人は厳しく言えば退転している人だと私は思います。

 外部の方と縁を結ぶのは対話しかありません。いかに対話にもっていくか・・・聖教新聞の集金に回っても、集金するだけではなく、地元の学会の代表として和やかに話をする・・・何かしら心を通わせることが大事だと思います。話が上手とかではなく、「対話力」とはまず相手と打ち解けて話をする力のことだと思います。

 先日も外の高齢の婦人の方ですが、昔の仕事の関係の方からの啓蒙で新聞をひいておられ、その集金で訪問しました。いつも通り「こんなん読まないのに仕方なしにひいてるんや」と、最初はそんなことを言われます。それでも気心がわかってきたのか最近は玄関に腰を下ろしてその方と1時間は話をするようになりました。家庭の話から地域の話、世相の話とその内容はいろいろですが、相槌を打ちながら聞いて話しているうちにどこかしら心が解け合っていくものです。

 もちろん信心の話もしていきます。田舎は因習が深く、どの家も仏壇が大きく他宗のものや先祖のものなどたくさんありますので、題目を唱えることは了解されても、謗法払いには相当な抵抗があります。私の折伏の場合、行き詰まるのはたいていその点です。それでも相手の口に題目を唱えさせんと根気よく励むしかありません。

 唱題に励み、仏法対話に励む・・・それが私の信心のリズムです。ほかにあれこれ難しいことはありません。その修行を喜んでやるなら自然と生活上の悩みも解決し、功徳は湧いてくることを実感します。

 ある幹部の方が、結局、外部の人は学会員の生活をよく見ており、それ自体が折伏に通じるという趣旨の話をされておられました。その通りですね。それは田舎も都会も関係ないと思います。地域とどう関わっているか?生活態度は真面目か?ご近所を大事にしているか?人間性は信用できるか等々・・・そういうところをとてもよく見ておられるものです。人は普段の些細な行いを大切に振る舞うことでしか信頼を勝ち取ることはできません。また仏法と言ってもそういうところに出るものでしょう。もちろん私ももっと人間力を磨かないとなりません。

 新年と言っても、会館の勤行会に参加し、創価大学の駅伝を応援する以外、これといって何も予定がありませんので正月を返上して題目でアクセルを吹かしていきたいと思います。「常在戦場」を誓い、年末年始を地涌の菩薩の心意気で駆け抜けてまいります。
 

 
Comment:0  Trackback:0
2019
07.25

法戦を終えて

Category: 徒然の記


 多くの同志の皆様、法戦大勝利おめでとうございます。兵庫は苦しい選挙戦でしたが、激戦に勝利することができました。地元をはじめとする全国同志の団結の勝利だと思います。「兵庫を勝たそう!」という支援を全国各地から頂きました。その意味で兵庫の勝利は創価同志全員の勝利だと思います。

 また今日よりは気持ちを切り替え、勝って奢らず・・・兜の緒を締めて、次なる峰に向かって歩を進めたいと思います。



IMG_7476q.jpg



 選挙当日、私も諸天の加護を感じながら走っておりました。早朝から「Tさん入れたよ!」「投票、行ってきたよ」と外の方からいつになく連絡をいただいたり、また普段は話がうまく通じない障碍者の方が、喜んで選挙に行くと言ってくださったり・・・すべてがスムーズにうまくいきますので、「今日は勝てるぞ」との確信を持って回っていました。婦人部の方とも連携を取り、皆さん連れ出しによく動いていただきました。結果、全体の投票率が下がる中、前回よりもわが町は得票数を伸ばし、候補も当落線上から2位当選・・・県内では歓喜が爆発しました。

  一人一人、自身の宿命転換を賭けての戦いです。広宣流布のために、健気に戦った人には必ず功徳があります。私も動くほどに、生命に勢いが出て、これまで会えなかった人ともたくさん対話できました。そして大きな功徳をいただきました。戦い終えて、今、私が一番感じることは先生と共に、先生の下で戦うことほど誇らしくまた楽しいことはないということです。終わったばかりですが、早く次の戦いがやりたい・・・と、そんな前のめりの心境でもあります。

 翌日、聖教新聞を配達しながら、「池田先生、兵庫は勝ちました。」と心の中で叫んでいました。これからは、行くところ行くところ連戦連勝でいくのだ!との思いが湧いてきます。途中、出会った外の婦人も(前回の記事で四国の婦人達を案内した地元の方です。)「良かったねえ。私も心配で、あれから2回も友人のところに頼みにいったのよ」と言われたので、「あなたはもう学会員以上ですよ。これを機会に入会しましょう!」と言いますと「いや、それはまだあかんねん!」(笑)・・・しかしその顔は学会の勝利を我が事のように喜んでくださっていました。

 学会の題目の力はいざという時に諸天を動かすことができる・・・兵庫中の題目で諸天が大いに動いた法戦でした。時には魔民さえも仏の応援に回ります。K市では立憲の党員である市長が、公明市議の日ごろの市政への貢献に感動し、「今回はTさんを応援します」といって、公明支援に大きく動いてくださったとの話も聞きました。

 仏の生命とは、三世永遠に師匠とともに戦いゆく生命です。今世だけではない・・・来世も、次も、またその次も、永遠に師匠と共に広宣流布に戦うことを決意した生命です。その心で自身の生命を固めることができれば、死も恐れなく来世に旅立てる。また明るい未来を三世に開いていくことができる・・・そういう安心と確信の生命へと変革していくのですからすごいことです。信心に反対する人は、その徳をもらうことができない・・・これは同じ人に生まれ、大きな損だろうと思います。

 ともあれ冥の照覧は絶対です。人の眼につかなくとも、足で歩き、口で語り、広布に貢献した人の功徳は絶大であります。私が言わずとも、戦った人はみんな功徳を受けられることでしょう。

 さあ、白馬がパッパッと駆けゆくように、大宇宙に信強き題目の音声を轟かせ、いよいよの思いで後半戦のスタートを切っていきたいと思います。

 

 
Comment:0  Trackback:0
2019
06.28

N君の転居

Category: 徒然の記


taki1-2.jpg



 最近、私の支部の男子部のN君が会社の寮を出ることになり、支部のメンバーで彼の新しい部屋を探すことになりました。ところがここは田舎ということもあり、手ごろなアパートがありません。あっても夫婦向けのレオパレスのようなものが多く、家賃もいい上に入居にもまとまったお金が必要です。

 一般民家の空き家はあるのですが、これはこれで大きな家ばかり。母屋に離れ、庭付きで、建物も古く、独身男性にはとても維持ができません。

 思案に暮れて、御本尊に祈っていましたら、私の脳裏にある一軒のお宅が思い浮かびました。そこは町の最も北端の山深い集落にある学会員のお宅です。といっても、10年前に地区部長だった主人が亡くなられ、奥さんも施設に入所。それ以降、空き家になっていたのです。昨年、その奥さんも他界され、組織で友人葬や納骨のお手伝いをいたしました。

 ご夫婦にはお子さんがいないので、喪主の方に相談しましたら、今は奥さんの弟さんが管理しているとのこと。紹介をもらい、その方に話を伺いに行きましたら、「空き家にしているより住んでもらうだけでもありがたい」という返事です。

 それで家の中を見せてもらいましたが、それこそ生活品が当時のまま・・・衣類や布団や古い電化製品、台所には大量の食器、梅干し壺や保存食材もそのままあります。何やかやとトラックいっぱいほど、処分が必要でした。

 そこに男子部のためならばと、婦人部3名が志願してくださり、一日がかりで大掃除をしました。また管理人さんも、家周りを修理したり、風呂やトイレを使えるようにしてくださいました。その結果、家は見違えるようにきれいになったのです。

 家は広い玄関があり、1Fは台所と廊下をはさんで部屋が5つ。トイレも大小あり、ウオッシュレットです。お風呂も大きく洗面所もあります。さらに2Fも2間あり、物干しのあるベランダまでついています。古い建物とはいえ、これで家賃2万円で話がまとまりましたので、管理人さんも諸天善神となってくださいました。

  何と言っても仏間にはりっぱな紫檀の仏壇がそのままあるのです。床の間には池田先生ご夫妻の写真や御書も当時のまま。学会からの表彰状も鴨居に飾ってあり、つい昨日まで拠点として座談会に使っていたかのような佇まいです。

  そして昨夜、総県の男子部長もきて入仏式を行い、御本尊様を無事に御安置いたしました。その瞬間、本当にその家に魂が入ったように私は感じました。空き家となり、やがて取り壊される運命だったこの家に、サーと光が射しこんだような、暗い洞窟に明かりが点灯したような、そんな感覚に襲われました。

 「謗法のない家は気持ちいいね。亡くなった地区部長さんもきっと喜んでおられるよ。」と私が言うと、男子部長が「N君は福運があるなあ。折伏頑張っている功徳だね。」と言いました。家は隣の民家とも離れており、唱題の声も気にすることはありません。側には小さな谷川が流れており蛍も舞います。男子部が集まるにも、地区の座談会にも格好の場所と言えそうです。

 地元の自治会にも挨拶に行き、学会宣言もいたしました。「あまり付き合いを気にしないで、できるだけ長く住んでください」との返事。きっと地区部長だった主人が、地元で学会理解の輪を広げてくださったに違いありません。うまくいく時はとんとん拍子に話が進みます。


 私も30代のころ、この家には2,3度、座談会でお邪魔したことがあります。都会で入会して田舎に帰ったものの、「こんな辺鄙(へんぴ)なところに学会員なんかいるものか」と思ったものです。ところが何軒かの純朴な学会員がおられ感動しました。主人の実直な人柄も知っており、旧習の深い地で、草創から信心を貫き生涯を終えられたのですから、信強き立派な方でした。

 N君は実は横浜の出身です。都会育ちの彼が、関西のこの山深い田舎の家に住むことになろうとは、本人も想像できなかったことでしょう。やはり不思議な縁、運命としか言いようがありません。また私たちとともに今、信心をしている・・・このことも決して偶然でないとすれば、一体過去にどのような宿縁があったものか・・・

 山の緑、田の緑が広がるこの素晴らしき天地。どうかN君が青年らしく、さわやかな人間革命の戦いを綴っていってくれることを祈っています。




Comment:0  Trackback:0
back-to-top