2018
05.12

Tさんの生還

Category: 徒然の記

 Tさん(婦人部員)と初めて出会ったのは、私が東京にいた今から30数年前、私が27歳で創価学会に入会したころのことです。ある日、八王子であった学会の会合に、創価大学の学生の人たちが数名参加しており、その中にTさんがいました。彼らは創大のある同好会の仲間でしたが、その会合の中で、それぞれ自己紹介となり、Tさんが実は私の高校の後輩だとわかったのです。

 広い東京である日、出会った人が、地方の小さな田舎町の同窓で、しかも宗教のささやかな会合の場というのも奇遇であり、私はとても驚きました。彼女は明るく聡明で、その頃の私は病み上がりのような薄暗い顔をしていましたので、Tさんのことがひときわまぶしく見えたものです。

 その後、創価大学を卒業したTさんは故郷に帰り、数年後、私も父が亡くなったため故郷へと帰りました。Tさんと同じ地域ということもあり、彼女の自宅を訪ねていったこともあります。Tさんは女子部のリーダーとして、多くの部員さんからも慕われていました。私にとっても彼女の存在は、男女という意味でなく、何か特別な因縁を感じさせる人であったと思います。



IMG_8924q.jpg



 それから2.3年のうちに縁あって、Tさんは他県へと嫁いでいかれました。結婚されたので、私も今までのようなお付き合いは遠慮しましたが、彼女なら創価のリーダーとして、あちらでもりっぱに活躍されるだろうと信じていました。

 ところがある頃から、年賀状もこなくなり、電話をかけても出る気配もなく、実家のお母さんに尋ねましたが、口ごもって話をしてくださらないという状況になったのです。

 こちらも心配するだけでいたずらに月日が流れたのですが、そのTさんが先日、突然、私の事務所にやってこられました。それは20数年ぶりのあまりにも唐突といえる訪問でした。

 「やっと会いに来れましたあ!」そう元気に扉を開けて入ってきたTさん・・・その顔は明るく、私は60代、彼女も50代と年は重ねましたが、20数年の空白が瞬時に消えたかのように、昔と変わらないTさんがそこにいました。

 そこで初めて、これまでの事を聞かせてもらったのです。Tさんの体験ですので私が詳しく書くことはしませんが、3人の子供を産んで、その子たちが成長するにつれ、本人にも子供にもそれぞれある病が顕現し、一家で壮絶な戦いを10数年にわたり余儀なくされたのです。

 私は彼女が病と闘い宿命の坂を超えたこと、最後まで自分に負けなかったことを知りました。主人と子供を抱えての闘病生活は、一家にとってどんなに大変だったか・・・それでもこうして、明るい笑顔の人となってここに戻ってこられた。それはまさに「生還」という言葉がふさわしいと言えるものでした。

 彼女に出た宿命の意味を私がどうこう言うことはできませんが、Tさんが「一生成仏」するために越えねばならない魔の試練であったことは確かだと思います。そしてその試練を乗り越えることにより、今まで以上に芯の強い人になられたと感じました。

 彼女と初めて会った若き日のことを、私は今でも鮮明に覚えています。それから30年以上経ち、お互いそれぞれの道を歩きましたが、今、苦しみを乗り越えた彼女と出会ってみると、何も変わっていない・・・「彼女の生命はいつも仏なのだ」・・・ 私にはそう思えるのです。

 妙法を信じ、菩薩の心で愛する人々に題目を送る・・・それは肉眼には見えない世界です。しかし、命の奥深くで結ばれた人と人が、時空を超えた世界で交流する清らかな仏の世界でもあります。汚れた私の生命にもその世界があります。そうした深い仏縁、出会いは、いつの世にも妙法で結ばれた「眷属」となって、自分の人生に現れるものでしょう。

 「会いに来てくれてうれしかった。Tさんが元気になって良かった!」・・・その事を御本尊様に感謝申し上げながら、「一番苦しんだ人が一番幸福になる仏法なんだよ」・・・そう笑顔で彼女に語りかけている私です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ

※先日もある方からお問い合わせいただきましたが、当ブログの記事の転載、他所での利用はすべてお断りしていますのでよろしくお願いいたします。
Comment:12  Trackback:0
2018
05.04

折伏応援記

Category: 信心

 先週の日曜日は、わが支部の男子部N君に同行し、彼が今折伏している友人を一緒に訪ねました。男子部長のK君も加わり、N君の軽自動車に乗り合わせで、片道1時間半の折伏行となりました。

 二人とも実直な青年です。私など彼らの年のころは創価学会も知らず、どこか暗い青春でしたが、それに比べ20代で信心一途に生きている二人は素晴らしいの一言です。

 K君は大阪、N君は横浜の出身。N君は就職で神戸だと思って来たら、それが私の住む町で、とんでもない山奥だったのでびっくりしたそうです。こちらに来て、ある日、車で大事故をやり奇跡的にも一命をとりとめ、なおかつ軽傷だった体験に確信をつかみ、それから熱心な活動家となりました。

 道中、K君が「生まれも育ちも違う3人が、同じ組織で、同じ車に乗り合わせ折伏に向かっている・・・不思議ですね。」というので、「仏法に偶然はないから、ここで3人会う約束をもって生まれてきたんや。」と、私は答えました。



yuuhi1a.jpg



 事前にK君が相手の住む市の学会会館と連絡を取り、折座に使わせてもらう手筈を整えていました。途中で相手の方を乗せて会館へと向かいました。私は学会の会館に案内することもりっぱな折伏であると思います。

 折伏の相手Hさんは40歳の青年で、いろいろと悩み不幸を抱えています。ところが今一つ入会に踏み切れないようです。N君K君がHさんより若いので、年上の相手に強く言えないところもあり、それで今日は私に応援の声がかかったようでした。

 その日は年長の私に話をしてほしいということで、車座になって、私は自分の入会のこと、その後の体験、この信心の大事な点など、確信をもって話しました。話す内容もさることながら、声に確信があることが何より大事です。こちらの迷いのない強い心が、相手の迷妄を打ち破ります。

 途中からHさんの話を聞きながら、質問にも様々答えました。今の家の宗教を変えるのに抵抗があるとのこと・・・それなら家の宗教はそのままに、あなただけが自分のためにまず信心を始めてはどうかと勧めました。

 緊張気味のHさんの気持ちも次第にほぐれ、笑顔も出るようになったので、「一緒にお題目を唱えましょう」と言って御本尊を拝し、数分お題目をあげました。三唱を終えて振り向き、彼の顔を見ますと様子が変わっています。「あれ?顔が明るくなりました。」と言うと、「そうですか?」と驚いたようでした。

 悩み深い心に一条の光が射したのか・・・それとも体内の仏様がにっこり微笑まれたのか?暗かった顔が確かに明るくなっています。その時、私はこの人は近いうちにきっと入会するだろうと思いました。

 慎重なHさんはもう少し学会を見たいというので、5月の同中、座談会に出てもらうこととし、その日の入決とはなりませんでしたが、紹介者のN君と連絡を取りながら、毎日題目をあげていくことになりました。

 その後、二階の大広間なども案内し、Hさんも学会の素晴らしさを実感されたようです。「今日はお疲れさんでした。次は座談会で会いましょう。」と、私は用意していた数珠と経本、先生の本をHさんに差し上げました。

 Hさんを送った後、帰りは3人でこれからHさんの入会までのことを語り合いました。折伏行は楽しいものです。何と言っても仏様のお使いです。私もその日は男子部員になった気分で行動させてもらいました。60を超えても心は20代です。(笑)

 ともあれ、これから残りの人生で後継の青年を育てなければならない・・・元気なうちに、わが支部に10人の若き精鋭を輩出したい。それが私の願望であり、日ごろの祈りです。そのためにもみんなの力を結集したいと思います。

 まずは一人であり自分が立たねばなりませんが、地域広布を阻む強い魔、一人一人の心に巣くう魔を破るには、どうしても同志の団結が必要です。魔は何かと同志間の分断を狙い、人を臆病にさせるものです。

 5月3日・・・今日の創立記念日から、心新たに信心の波動を起こしながら、広宣流布の長征に「今、再び」の出発をしていきたいと思います。


 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ




Comment:8  Trackback:0
2018
04.27

言葉は信じない、行動を見る

Category: 信心


 今、地方の大学に行っている長男が、先日20歳になりましたので、その記念に池田先生の「青春対話」を贈ることにしました。頂き物の大吟醸も一緒に送ってやったのですが、こちらの封はすぐに開きそうです。(笑)その勢いで「青春対話」の扉も開けてほしいものです。

 それでも無事に成人を迎えましたのでありがたい限りです。「全部信頼しているから、責任をもってやるんやで」とメッセージも添えました。反抗心もあってこれまで素直に信心はしませんでしたが、それでもこの春、一緒に勤行をして「お守り御本尊」を受けました。それだけでも大前進です。引き続き、彼が前向きに信心する日をしっかりと祈っていきたいと思います。

 「青春対話」は中高校生向きの本ですが、大人が読んでもとても勉強になると思います。贈る前に少し読みましたら、「私は言葉は信じない。行動をじっと見ています。」との一節が目に入り、胸を突かれる思いがいたしました。




IMG_8467a.jpg




 「言葉は信じない・・・行動を見る」と先生は言われます。これは学園性などが「先生、やります」「頑張ります」というのに対し、「言葉は当てにしない、行動を見ているよ」という意味で言われたものと思います。私も毎朝、毎日、同じ道を踏み固めていくような平凡な活動の繰り返しですが、「無冠の友」「勤行唱題」「学会活動」「役職」「仕事」・・・それらをしっかりやっているかどうか、その一念、心はどうか?先生は逐一見ておられる・・・そう思うと私などまだまだ甘いものです。

 外の御本尊様も、私自身の生命の中におられます。そうでないと私が仏になれませんので、いていただかないと困るのですが、そしてやはりすべての振る舞いをご覧になっていることでしょう。その前で怨嫉や嘘の報告なんかをやってもすべてお見通しです。

  おまけに同生天同名天というのがいて漏らさず天に報告するそうで、これではたまったものではありませんね。(笑)少しは見逃してほしいというか、目をつぶっていただきたい・・・それが凡夫の偽らざる気持ちです。(笑)

 今でこそバリ活のように書いている私ですが、30代のころは訪ねてくる男子部に冷たく当たったり、会合をすっぽかしたり、白百合長さんに全部まかせてB長の自分は居眠りしていたり・・・とそんないい加減な時もありました。今思うと冷や汗タラリです。とても信用などできたものではありません。そんなひどい自分を自分は知っているものです。

 かつての私を知っている人は、私がこうしようと言っても、「そういうあなたも昔は何もやらなかったじゃない」などと言われ、一瞬、凹みます。(笑)でもそれだけ変わったということですので、その分「人間革命」も果たしたのです。「使用後」を見るには「使用前」が必要だから、最初にわざとダメな方を演じたというのが、私の言い分です。

 「自分を一番知っているのは自分です。他人の目は感情で見たり、おとしいれの目で見たりする。わからない。だから仏法の眼で、自分を見つめながら生きることが大事なのです。」

 これも「青春対話」の中の言葉です。人の評価など気にしなくていい。まして自分を知らない人の評価など的外れが多い。それに惑わされるのは愚かです。自分を見つめ、自分はこうすると決めたら、その自分を信じて生きていきたい。自分を信じられない人が、人の言葉に惑わされるものでしょうか?堂々とした自分を築き上げていくことが「人間革命」の目的ですね。

 年々、信心が進むにつれ、強く逞しい歓喜の生命となっていきます。自分がそのように変わっていけるから、この先いけばどんな自分になるだろうと、それが楽しみで私は信心を続けるのです。

 言葉は「理」、行動は「事」・・・行動の人だけが「事の一念三千」を体得でき、わが身を仏と悟ることができる・・・学会員としてまた活動家として、行動できる誉れを胸に、今日も地域を駆けたいと思います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ



Comment:11  Trackback:0
back-to-top